CamouflageEx

フォルダプロテクト[Camouflage]の簡易操作版+Windows起動時の指定フォルダ強制プロテクト


ソフト詳細説明

デスクトップのショートカットアイコンの実行のみで、指定したフォルダのプロテクト⇔解除を交互に行います。
フォルダの指定はこのショートカットアイコンにエクスプローラ等からドラッグ&ドロップするか、または、エクスプローラから指定するフォルダを[右クリック] → [送る] → [CamouflageEx]を選択するだけです。
また、CamouflageExはフロッピーディスク(FD)からも実行可能です。つまり、FDにコピーしたCamouflageEx.exeを実行することでもプロテクト⇔解除を交互に行えます。
さらにプロテクトを忘れたままPCを終了しても次回、Windowsを起動したときに強制プロテクトする機能をオプション指定できます。
[Camouflage]と同様に(プロテクト=ごみ箱に偽装)試用期間の一週間が過ぎるとプロテクト機能ができなくなりますが、プロテクトの解除はできますので試用期間が経過しても元に戻すことはできます。
詳しくは、同梱の[はじめに.txt] をご覧ください。

利用条件・試用期間中の制限など

試用期間の一週間を過ぎるとプロテクト機能が制限されます。

動作環境

CamouflageExの対応動作環境
ソフト名:CamouflageEx
動作OS:Windows Me/98
機種:汎用
種類:シェアウェア :630円
作者: m-take 

お支払い

このソフトは有料ソフトです。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

その他のお支払い


※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

起動  プロテクト  フォルダ  Camouflage 


「各種セキュリティ」カテゴリーの人気ランキング

  1. Camouflage フォルダにプロテクト(ごみ箱に偽装)をかけパスワードがないと中身を参照できない自分だけのフォルダに(ユーザー評価:2.5)
  2. Security Assistant リムーバブルメディアのセキュリティを高める(ユーザー評価:0)
  3. Exロックフォルダ フォルダにプロテクトをかけるセキュリティソフト 「送る」メニューからも手軽に利用可能!(ユーザー評価:3)
  4. VisualRoute 日本語版 ネットワーク不正侵入を追跡・特定するインターネット追跡ソフトのナンバー1(ユーザー評価:0)
  5. VoiceK PC Security for Windows 音声認証セキュリティーソフト(ユーザー評価:0)

「各種セキュリティ」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック