XKillWin

ハングアップしたプロセスをマウスで簡単に強制終了


ソフト詳細説明

Windowsを使っていると、よくアプリケーションがハングアップしてしまい、どうしようもなくなることがあります。
このようなとき、Windows95/98の場合、CTRL+ALT+DELETEを押してアプリケーションを選択し、強制終了の指示をしなくてはなりません。

しかし、この強制終了を行ってもすぐには終了してくれません。というのは、このWindows標準の強制終了機能の場合、すでに脳死状態のアプリケーションに対して「終了してちょうだい」というメッセージを送るのです。もちろん、ハングアップしているプロセスはこんなメッセージに反応できません。結局、数十秒後に「このアプリケーションからの応答がありません。終了しますか?」なんてとぼけたメッセージを出します。

じゃあどうすればいいか、というと強制的に終了させればいいのです。
このXKillWinの場合、「マウス」で「ハングアップしているウィンドウ」をクリックするだけで強制終了ができるのです。クリックするウィンドウはすでにハングアップしているのっぺらぼうのウィンドウでもいいのです。すごく便利だと思いませんか?

Ver1.1から、連続してプロセスを終了する・ウィンドウを閉じる機能がつきました。

動作環境

XKillWinの対応動作環境
ソフト名:XKillWin
動作OS:Windows Me/2000/NT/98
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 吉本 英之 

ユーザーの評価(5人):3
コメント:5
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

マウス  プロセス  ハング 


「タスク制御」カテゴリーの人気ランキング

  1. オートギア 実行優先度自動設定プログラム(ユーザー評価:4.5)
  2. PCの見張り番 PCを監視、変化を検知してアクション実行!(ユーザー評価:0)
  3. タスクメイド 通知領域(タスクトレイ)をウィンドウ化する(ユーザー評価:4.5)
  4. スタートアップ タスク スケジューラ ログオン時の定期的なプログラムの実行を助ける(ユーザー評価:2.5)
  5. TaskClean 実行中のタスクを一括で終了する他、アプリケーション単位で終了する事が可能(ユーザー評価:2.5)

「タスク制御」カテゴリのソフトレビュー

  • PCの見張り番 0.81 - パソコンの状態を監視し、通知やシャットダウンなどを行ってくれるソフト
  • Trayzer 0.21 - アプリケーションウィンドウをワンタッチでタスクトレイに格納できるソフト
  • タスクメイド 1.3.8 - タスクトレイの常駐アイコンなどを、独立したウィンドウに表示するユーティリティ
  • スタートアップ タスクスケジューラ 1.66 - 登録したタスクをログイン時に自動処理できる非常駐型タスクスケジューラ
  • TaskClean 1.6.1 - 同一アプリケーションのタスクを一括終了させられるタスク制御ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック