Process++

プロセス高速強制終了・優先度変更ツール


ソフト詳細説明

Process++は現在起動しているプログラム(プロセス)を調べ、高速に強制終了/優先度変更などが行えるツールです。通常終了を試みないため、CTRL+ALT+DELの同時押しで現れるアプリケーションの強制終了ダイアログよりも高速に終了させることができます。
起動時にタスクトレイに格納されます(設定可能)。
Process++では次の情報が得られます。
・プロセスの実行モジュール名(フルパス)
・実行モジュールのファイルタイプ
・実行モジュールのファイル説明
・プロセスの優先度
・プロセスID(PID)
・各プロセスの持つスレッド数
・スレッドID(TID)
・スレッドの優先度
・全プロセス数
・全スレッド数

また、次の機能があります。
・プロセスの優先度の変更機能
・Explorerのワンタッチ再起動機能
・ファイル名を指定して実行機能
・タスクトレイに格納
・ホットキー機能
・物理メモリ解放機能
・ホットキー機能

動作環境

Process++の対応動作環境
ソフト名:Process++
動作OS:Windows Me/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: ワクワク 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

プロセス 


「タスク制御」カテゴリーの人気ランキング

  1. PCの見張り番 PCを監視、変化を検知してアクション実行!(ユーザー評価:0)
  2. タスクメイド 通知領域(タスクトレイ)をウィンドウ化する(ユーザー評価:4.5)
  3. スタートアップ タスク スケジューラ ログオン時の定期的なプログラムの実行を助ける(ユーザー評価:2.5)
  4. TaskClean 実行中のタスクを一括で終了する他、アプリケーション単位で終了する事が可能(ユーザー評価:2.5)
  5. Trayzer ウィンドウをタスクトレイに収納!(ユーザー評価:0)

「タスク制御」カテゴリのソフトレビュー

  • PCの見張り番 0.81 - パソコンの状態を監視し、通知やシャットダウンなどを行ってくれるソフト
  • Trayzer 0.21 - アプリケーションウィンドウをワンタッチでタスクトレイに格納できるソフト
  • タスクメイド 1.3.8 - タスクトレイの常駐アイコンなどを、独立したウィンドウに表示するユーティリティ
  • スタートアップ タスクスケジューラ 1.66 - 登録したタスクをログイン時に自動処理できる非常駐型タスクスケジューラ
  • TaskClean 1.6.1 - 同一アプリケーションのタスクを一括終了させられるタスク制御ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック