Visula Basic 5.0(SP3) 用ComCtl32.OCX

Visual Basic 5.0(SP3) ランタイムの一部である、ComCtl32.OCXのセットアップ・プログラム


ソフト詳細説明

本ソフトウェアは、Visual Basic 5.0(SP3) ランタイムをご利用になったにもかかわらず、「ComCtl32.OCX」関連のエラー・メッセージが表示され、VB5 アプリケーションが動作しなかったという方のために用意しております。お使いの環境にそのような問題がなければ、本ソフトウェアを導入する必要性はありません。

本ソフトウェアを利用するには、あらめじめ、Visual Basic 5.0(SP3) ランタイムがインストールされている必要があります。ランタイムが導入されていない状態で本ソフトウェアを実行しても、エラーメッセージととも終了します
ファイルは、LZH 形式の自己解凍ファイルとして作成しています。ファイルを復元すると、 解凍先フォルダーの指定ダイアログが表示され、そのフォルダーを決定すると、 自動的にセットアップが開始されます。ランタイムのインストールですから、 指定する項目は1つもありません。

動作環境

Visula Basic 5.0(SP3) 用ComCtl32.OCXの対応動作環境
ソフト名:Visula Basic 5.0(SP3) 用ComCtl32.OCX
動作OS:Windows NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: こばやし ひでお 

ユーザーの評価(1人):4.5
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

一部  ランタイム  Visual Basic  SP  ComCtl32.OCX 


「ランタイムパッケージ等」カテゴリーの人気ランキング

  1. Visual Basic 6.0 SP6 ランタイムファイル VB6.0で作成されたソフトの動作に必要なランタイム(Win 7,8,10 対応、最新SP6)(ユーザー評価:4)
  2. Visual Basic 6.0 SP6 ランタイムライブラリ VB6のランタイムをインストーラーで簡単にセットアップ(Vista対応)(ユーザー評価:4)
  3. XTRM Runtime VB/VCランタイムを全部まとめて簡単インストール(VB5.0/6.0/VC++4.0〜6.0 SP6 全対応)(ユーザー評価:4)
  4. vcpvcr71 (msvcp71.dllとmsvcr71.dll同梱) ソフトウェアを動作させる際に必要となるファイルmsvcp71.dllとmsvcr71.dllを同梱(ユーザー評価:4.5)
  5. VB6ランタイム集【みやシリーズ起動用】 【みやシリーズ】を動作させるために必要なランタイム集(ユーザー評価:4.5)

「ランタイムパッケージ等」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック