完全削除(CompleteDelete)

ファイルを不正復活から守る 完全削除ツール


ソフト詳細説明

ファイル復元ソフトの能書曰く「間違って削除したファイルを復活することができる」。 一見便利そうなこの言葉の裏側に、大きな危険が潜んでいます。 普通に削除しただけのファイルは、容易に復活できることもあります。

暗号化されていないWindowsのディスクは、たとえユーザのログオンパスワードが分からなくても、ディスクを取り出して解析されれば何の防御策もなく全データが取り出されてしまう可能性があります。このような場合、秘密にしておきたいデータを削除するときに、Windows標準の「削除」処理では不十分です。

このソフトウエアは、指定したファイルをファイル復元ソフトなどを用いて復元しにくくする、セキュリティ確保ツールです。具体的には、ファイルを乱数や特定の文字を書きこんでデータを完全に破壊します。

動作環境

完全削除(CompleteDelete)の対応動作環境
ソフト名:完全削除(CompleteDelete)
動作OS:Windows 7/Vista/XP/Me/2000/98/95/NT , Unix
機種:IBM-PC 
種類:GPL
作者: INOUE Hirokazu 

ユーザーの評価(10人):4.5
コメント:10
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

削除 ,復活 ,不正


「ファイル削除」カテゴリーの人気ランキング

  1. 1位重複ファイル検索・削除 UnDup - 指定したフォルダ内の重複ファイルを探し出して削除するツール 試用制限なし (ユーザー評価:4.5)
  2. 2位fdel - 常駐型の指定日数が経過したファイルの自動削除ツール (ユーザー評価:4)
  3. 3位不要ファイル削除ツール RDel - 複数ハードディスクの不要なファイルを検索して削除するフリーソフト (ユーザー評価:4)
  4. 4位ごみ箱自動削除ツール - ごみ箱,MSIEキャッシュなどの不要ファイルを自動的に削除 (ユーザー評価:5)
  5. 5位データシュレッダー - ファイルを破壊・削除 高機能データ破壊ユーティリティ (ユーザー評価:0)

「ファイル管理」カテゴリのソフトレビュー

  • Advanced Renamer 3.72 - 一度の操作で複数ファイル/フォルダの名前を変更できるバッチリネームソフト
  • DropIt 8.1.2 - 条件に応じたファイル/フォルダ処理をドラッグ&ドロップだけで実行できる
  • LockHunter 3.1.1 - ファイル/フォルダをロックしているプロセスを特定し、簡単にロックを解除できる
  • Immersive Explorer 1.3.5 - Windows 8以降のMetro UI(Modern UI)に似た操作性のファイル管理ソフト
  • OSPEII 2.70 - リスト、メニュー、ツールボタンからお気に入りのフォルダをすばやく開けるユーティリティ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック