EasyX for directX7

DirectXを簡単に、簡潔に使うためのクラスライブラリ(ライブラリと言うほど多機能じゃないけど)


ソフト詳細説明

DirectXを簡単に、簡潔に使うためのクラスライブラリ(ライブラリと言うほど多機能じゃないけど)です。
現在、Direct Draw、DirectSound、DirectMusicに対応しています。
これだけあれば、一応ゲームは作れるのではないと言う感じです。

それぞれのDirectXオブジェクトの初期化、データの読み込み、展開(再生)を主眼に設計されています。アプリケーション固有のデータ、例えばオフスクリーンサーフェスやセカンダリバッファ、セグメントはクラスの外に持つ形になっています。
要は、面倒くさい初期化をプログラマの目から隠し、もう一つ面倒くさいデータの読み込みなどを楽にしようという訳です。

オフスクリーンサーフェス、セカンダリバッファ、セグメントなどのデータを外に出したことで、扱いは多少難しくなってしまいましたが、先を考えると利点は多いと思います(どんなデータをいくつ使うか、プログラマがクラスの外で決定できる)。

動作環境

EasyX for directX7の対応動作環境
ソフト名:EasyX for directX7
動作OS:Windows 2000/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 松本 圭司 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ライブラリ  クラス  DirectX 


「各種ライブラリ」カテゴリーの人気ランキング

  1. CTWAINManager TWAINを使ってスキャナーから画像読込を行うC++のクラス(要VC++6.0)(ユーザー評価:0)
  2. ODBC登録クラス(ソース付き) ODBCへの登録や列挙、有無調査を行うクラス(ユーザー評価:0)
  3. dkutil dKingyo Utility Toolkit Projectの核をなすVC用 汎用ライブラリ Windowsの面倒な処理をする(ユーザー評価:0)
  4. DIBLIB カラーテーブルの書き換えや保存ができるビットマップクラス(ユーザー評価:0)
  5. GMacro あなたのソフトにマクロ機能を付けよう!(ユーザー評価:2.5)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック