Windows Scripting Host Editor 2001

Windows Scripting Hostの開発環境


ソフト詳細説明

 Windows Scripting Hostは、Windows上のスクリプティング言語として、かなり使えるシステムですが、編集や実行を行うためのツールがないのが欠点です。
 そこで、以前に作成したWinBatch Enhancer Tool(WinBatchEh用の開発環境)をもとにして作成したのが、WSH Editorです。
 Editorと名乗っていながら、現在のバージョンでは、実際の編集はエディタを使うことを推奨していますが、ファイルの表示や実行などには対応しています。実行に際して引数を指定することもできます。
 現在のバージョンではソースを暗号化するエンコードにも対応しています。
 対応スクリプトはVBScript、JavaScript、PerlScriptです。
 インストールプログラムはフルセット版ではWindows Installerを使用、Lite版ではExepress 3.30を使っています。
 Webサイトではソースも無償公開しています。

動作環境

Windows Scripting Host Editor 2001の対応動作環境
ソフト名:Windows Scripting Host Editor 2001
動作OS:Windows 2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 阿部 一義 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

開発環境  Host  Scripting 


「ツール」カテゴリーの人気ランキング

  1. 解析・構図 ソース・コードを入力する超簡単操作でフローチャートを自動作成(ユーザー評価:0)
  2. Blue Step Counter 独自コメントにも対応したステップカウンタ Visual Studioプロジェクトにも対応(ユーザー評価:4.5)
  3. コメント書うんた C,C++,ASM,Java,SQL,VBのソースファイルのコメントや行数をカウントするツール(ユーザー評価:2)
  4. ozG4 プログラムアナライザ VB/C/COBOL/EXCELマクロ/HTMLスクリプトなどのステップ数カウントやモジュール解析(ユーザー評価:3.5)
  5. Step Counter Java、シェル、Perl、C言語対応のステップカウンター(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック