SleepSupporter

Windows等のバッチで使えるms(1000分の1秒)から指定可能なSleep(スリープツール)


ソフト詳細説明

Windows等でバッチを作成する場合などに、次のコマンドを実行する前に何秒か処理を待機させたい場合が良くあります。
リソースキットなどにも同じようなsleep.exeがありますが、基本的に1秒単位の指定しかできません。
もっと細かく待機時間を指定する必要があって作りました。

usage: sleep time [mode]
time: time to sleep(0-10000)
mode: 0|1 = (sec)default|(msec)

といった具合に、秒単位でもミリ秒単位でも指定可能です。
JUSTSYSTEMのDr.Mouse起動タイトルを最小化させるバッチを作成した際に必要となりました。ちなみにそのバッチは以下の通り。

DRMOUSESC.lnk
SleepSupporter.exe 500 1
st.scf

st.scfの中身は以下のテキストファイル
[Shell]
Command=2
IconFile=explorer.exe,3
[Taskbar]
Command=ToggleDesktop

動作環境

SleepSupporterの対応動作環境
ソフト名:SleepSupporter
動作OS:Windows XP/Me/2000/NT/98/95/3.1
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: DEVZONE 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

バッチ  スリープ  Sleep  分の 


「バッチ用」カテゴリーの人気ランキング

  1. WinBatchEh 16bit版 Windows上で高度なバッチ処理を行なう 16bit版(ユーザー評価:0)
  2. SleepSupporter Windows等のバッチで使えるms(1000分の1秒)から指定可能なSleep(スリープツール)(ユーザー評価:0)
  3. Batch File Compiler for WinBatchEh WinBatchEh 用にバッチファイルのコンパイルもどきを行う(ユーザー評価:0)
  4. ACD for win16 (Ab)指定ファイル連続実行プログラム(ユーザー評価:0)
  5. BAT開発室 PCにてバッチ処理のソフトウエアの開発をする為の支援ソフト(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック