bin2coff

バイナリファイルの内容をプログラムに埋め込み、変数として参照できるようにする


ソフト詳細説明

bin2coff は、サウンドデータや画像データのファイルの内容をプログラムに埋め込み、変数として参照できるようなオブジェクトファイル(COFF形式)を生成するプログラムです。
現在のところ、対応しているプロセッサは、モトローラ 68k、日立 H8 と SHです。他のプロセッサでも、COFF のプロセッサのコードが分かれば、対応可能です。

使用例
  bin2coff /usr/local/src/3.wav wavedata

カレントディレクトリに作成されるオブジェクトファイル 3.wav.o には、変数 wavedata に入力ファイルのデータが入れられ、変数 len_wavedata にデータ長が入れられる。ユーザプログラムからデータを参照するときに、変数 wavedata を単純な配列ではなく構造体にすることも可能である。

動作環境

bin2coffの対応動作環境
ソフト名:bin2coff
動作OS:SunOS UNIX
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 前田 恵三 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

バイナリ  変数 


「形式変換」カテゴリーの人気ランキング

  1. Sフォーマットコンバータ(Linux版) モトローラSフォーマットを相互に変換(ユーザー評価:0)
  2. bin2coff バイナリファイルの内容をプログラムに埋め込み、変数として参照できるようにする(ユーザー評価:0)
  3. Motorola S data <-> Intel Hex data Converter Intel HexのファイルとMotorolaSを相互に変換(ユーザー評価:0)
  4. Binary data<->Intel Hex data Converter Intel Hexのファイルとバイナリを相互に変換(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック