ExtendMenu

メインメニューバーの右上にツールメニューを追加


ソフト詳細説明

1.Start to Record
 Start to Record はキーボード操作を記録する機能です。このメニューを選択すると、
次からのキーボード操作は全て記録されます。記録中には再生することができません。Finish to Record を選択すれば記録は終了して、実行可能となります。実行するには次の Play Back を参照してください。

2.Play Back
 Play Back は1で記録したキーボード操作を実行する機能です。Command - * でも実行可能です。Command - * はコマンドキー(アップルマークのあるキー)と * (アスタリスクキー=テンキーの右上)を一緒に押すことです。または、メニューを選択しても結構です。

3.Kill Finder
 その名の通り Finder を終了させる機能です。Finder を終了させると 200K 位メモリー
が空きます。また、デスクトップを再構築するときは、Kill Finder から一度 Finderを終了させて Command + Option キーを押していれば Finder が再構築するか聞いてきます。

4.Sound & Volume
 Conrol Panel のサウンドと同じ機能ですが、録音はできません。

5.Colors
 カラーのデプス変更。つまりモニターの色数の変更。ただし、PRAM値は変更しませんので再起動した場合は元の設定に戻ります。この方が安全です。

6.Hide This Window
 このメニューを選択するか、またはコマンドキーを押しながらウインドウのクローズボックスをクリックした時、現在最前面にあるウインドウを隠します。FinderやいくつかのPDS等でウインドウを選択できるのものがありますが、あくまでもタスク単位でしか表示/非表示ができません。
 たとえば、あるタスクの開いているウインドウ全てを表示/非表示するか他の全タスクの全ウインドウを表示/非表示するしかできません。つまり、任意にあるウインドウだけを表示/非表示できないのです。これがどう言ったときに不便かというと、プログラミング中やワープロ、エディター等で文書作成中に複数のファイルを開いているうちに、任意のウインドウだけを一時的にクローズできたらと思ったことはありませんでしょうか?特にMPWでソースを5ファイル以上開いたときやフォルダーを複数開いてる時に便利だと思います。

7.Window List
 このメニューで選択したウインドウを表示します。

動作環境

ExtendMenuの対応動作環境
ソフト名:ExtendMenu
動作OS:MacOS
機種:Mac
種類:フリーソフト
作者: 金丸 順司 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

バー 


「メニュー/コンテクストメニュー用」カテゴリーの人気ランキング

  1. Alias Menu 自分のカスタムメニューをメニューバーに簡単に素早く追加することができます!!(ユーザー評価:0)
  2. AutoPull for X メニューバーにカーソルを持っていくだけで、メニューを開くようにする(MacOS X 専用)(ユーザー評価:0)
  3. CopyPath 選択したファイルのパスをコピーするサービス専用アプリ(ユーザー評価:0)
  4. CountChar テキストの文字数及びピンインを表示するサービス専用アプリ(ユーザー評価:0)
  5. AmScriptsCMX (ユニバーサルバイナリ版) コンテキストメニューにスクリプトメニューを追加(ユーザー評価:0)

「メニュー/コンテクストメニュー用」カテゴリのソフトレビュー

  • Alias Menu 3.0.2J - 5階層まで作成可能なカスタムメニューをメニューバーに追加できるソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック