Eudora-J

Eudora 1.3.1 を元にして、日本語対応・機能追加をしたMUA


ソフト詳細説明

Eudora-J はマッキントッシュ用 POPクライアントプログラムです。
オリジナルは Steve Dornerの Eudora 1.3.1で、Eudora-Jはこの公開されたソースを元にして THINK C 4.05 へ移植し、日本語対応ならびに機能追加をおこなったものです。Eudora-J の仕様などの詳細については Qualcomm社 あるいはSteve Dorner の関知しないところです。 したがって、質問・バグレポート・要望などは、私宛s-nakata@mxa.mesh.ne.jp にメールでお願いします。メールの内容に関しては、情報の共有化のためにFAQやメーリングリスト等にて公開することがありますので御了承ください。公開されたくない場合は、その旨を明記してください。

前回の公開バージョン1.3.8.8r6との違いは、次の通りです。

・Message-Id:ヘッダをEudora-Jで生成できるようにした。
裏設定画面で選択可能となっている。(qmail等のMessage-Id:を生成しないMTA対策)

・XTND/XMITコマンドのサポート機能を追加した。(1.3.8.8r6p3)
「XTND XMIT」プラグイン使用時に自動的に機能する。ただし、XTND/XMIT時にはAPOPは利用できないようである。(サーバ側の仕様みたい)
詳しくは、READMEを。

・POP before SMTP 機能のサーバに対処した。(1.3.8.8r6p2)
POP before SMTP 仕様のサーバ(プロバイダ)の場合には、「POP before SMTP」プラグインを使用状態にしておけば自動的に機能する。「POP before SMTP」プラグイン使用時には「POP Secure」は必要ない。

・機種依存文字を含む送信メールをアラート表示時に中止/そのまま送信を選べるようにした。(1.3.8.8r6p2)

・バルーンヘルプ関連のリソースをアプリケーション内へ(1.3.8.8r6p2)
バルーンヘルプ関連のリソースをアプリケーション内へ組み入れたため、日本語用のバルーンヘルプ用プラグインファイルがなくなった。そのかわり、Eudora-Jアプリケーションが40KB強大きくなっている。

・READMEファイルをAnzuConvドキュメントとした。
32KBを越してしまっているためにSimpleText書類として作成できなくなったため。AnzuConvは、私のホームページ http://www2.biglobe.ne.jp/~s-nakata/や雑誌付録CD-ROM等で入手可能です。
AnzuConvドキュメント自体はテキストファイルですので、他のエディタ等でも開けます。ただし、色表示ができないかもしれません。

動作環境

Eudora-Jの対応動作環境
ソフト名:Eudora-J
動作OS:MAC
機種:Mac 
種類:フリーソフト(寄付歓迎)
作者: Steve Dorner  中田 了 

お支払い

このソフトは無料でお使いいただけますが、寄付を募っております。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

その他のお支払い


※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

Eudora ,MUA


「Eudora」カテゴリーの人気ランキング

  1. 1位Eudora-J - Eudora 1.3.1 を元にして、日本語対応・機能追加をしたMUA (ユーザー評価:0)
  2. 2位AnzuConv(68K) - Eudora-J の書簡箱の内容を変換する (ユーザー評価:0)
  3. 3位EudoraToFm - Eudora Proのメールをメールボックスごとファイルメーカ proに取り込む (ユーザー評価:0)
  4. 4位Europa - インターネットメール支援ソフト (ユーザー評価:0)
  5. 5位AddMail for Eudora - 【複製メール送信】同内容のメールを、複数の宛先へメールを自動的に複製し送信 (ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック