ATOKUMB

ATOK8A/ATOK9A.SYS をUMBに揚げる


ソフト詳細説明

ATOK8や9では、EMSが十分にあれば ATOK?A.SYS は自身の大部分をEMSに転送し、普通のメモリに常駐する量は数百バイトと極めて少ないのですが、なにぶんファイルサイズが大きいため通常の DEVICEHIGH だとかUMBローダーとかではUMBに揚げることができません。

その僅かなコンベンショナルメモリの消費を笑って見過ごせる人にはこのドライバは役に立ちません。しかし、世の中には見過ごせない人や、笑いがひきつる人がたくさんいるのです。

とゆーことで、フリーメモリ狂の皆様に送るミニツールです。

※ここでいうATOKとはDOS版のことです。

動作環境

ATOKUMBの対応動作環境
ソフト名:ATOKUMB
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: Mzaki 

ユーザーの評価(1人):4.5
コメント:1
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

UMB  SYS  ATOK 


「ATOK用」カテゴリーの人気ランキング

  1. BDATOK7 BNKDRV で組み込まれた ATOK7 の API を復活(ユーザー評価:0)
  2. ATDU ATOK8用辞書内部の登録名の変更(ユーザー評価:0)
  3. AKEY ATOK8 キー・カスタマイズ(ユーザー評価:0)
  4. AS ATOK8変換モード設定(ユーザー評価:0)
  5. ATOKG ATOK7,8の外字を多機種プリンターに登録(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック