SS Editor

高機能エディタ 基本セット


ソフト詳細説明

◆制約が少ない
1行当たりの文字数に制限がないこと
扱える最大行数に制限がないこと
同時にオープンできるファイルの数に制限がないこと
ファイル一覧に取りこめるファイルの数に事実上制限がないこと
削除文字バッファの大きさに制限がないこと
バイナリデータを安心して扱えること
◆目的を選ばない
  SS Editor は,文章入力とプログラミングとの両立を目指しています.
  文章入力に適した,改行文字の「ぶら下がり」処理(行頭禁則)をする自然語モードを
搭載しました.
◆手に馴染む
 ユーザーインターフェイスに個性を主張しません.SS Editor は,
DOS エディタらしいキー操作
WINDOWS ライクなキー操作
プルダウンメニュー
ポップアップメニュー
従来からの2分割ウインドウ
今風のオーバーラップ・マルチウインドウ
キー割りあてのカスタマイズ
メニューのカスタマイズ
マウス操作
のいずれもが可能なのです.
◆DOS 環境であることを生かした,ずば抜けた拡張性
◆その他の主な機能
 同じファイルを二重オープンできます.
 編集ウインドウごとにオプションを変更できます.
  編集目的別(SS Editor はジョブと呼びます)にウインドウをカスタマイズできます.
これをファイル名の拡張子と連動させることもできます.

利用条件・試用期間中の制限など

 SS Editor は,有償のソフトウェアです.試用の限度を超えてご利用いただくにはご利用代金をお支払いいただいております.

◎代金の適用範囲
 以下に説明するのは,A.N original が配布する次の3つのアーカイブをご利用いただく上での代金の価格です.
『SS Editor 基本セット』
『SS Editor コンパイラセット』
『SS Editor リファレンスマニュアル』

◎代金の価格について
 代金には,消費税を含んでいません.しかしながら,こちらから宣言するまで,消費税を免除いたします.代金に消費税を加算する必要はありません.
 SS Editor のご利用代金は,お一人様につき 3,000円です.

○代金の免責について
 下記のいずれから条件にあう方は,代金を支払わなくても結構です.
1) ベータテスト中に特に過大な迷惑をかけた方(こちらから連絡します)
2) 特に多大なご協力をいただいた方(こちらから連絡します)
3) SS Editor を雑誌に紹介いただいた記者または編集者

動作環境

SS Editorの対応動作環境
ソフト名:SS Editor
動作OS:MS-DOS
機種:IBM-PC PC-98
種類:シェアウェア:3,150円
作者: A.N original 

お支払い

このソフトは有料ソフトです。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

その他のお支払い

銀行振り込みあり
※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

エディタ 


「テキストエディタ」カテゴリーの人気ランキング

  1. READMEエディター 本来の用途はREADMEファイルの生成だけど.....(ユーザー評価:0)
  2. NEED for DOS/V 超小型フルスクリーンエディタ (DOS/V版)(ユーザー評価:0)
  3. SHED 世界最小スクリーンエディタ(ユーザー評価:0)
  4. EPJ エスケープシーケンス色付エディタ(ユーザー評価:0)
  5. NEED for FM 超小型フルスクリーンエディタ (FMR/OASYS版)(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック