DISKDUMP Final++

バックアップしたLongFileNameを含むディスクイメージを保存・復元


ソフト詳細説明

どうも,Windows 95 は困ったもんで,色ーな場面でハングアップします.
そこでバックアップが必要になります.DOS 上から,ファイル単位で LongFile Name も含めてバックアップするツールとして,YUPDATE.EXE(私とKAZU.M氏の共作)が有ります.

別のバックアップ方法としてテープ等に Disk Image のまま(Disk Dump)保存する方法が有ります(この方法では Long File Name は問題無く保存できます).そこで Disk Image のまま MO等に保存復元するツールを作って見ました.
今回は,Hard Disk の容量の変化にもある程度対応できるようにしてみました.

この Version で,Hard Disk の容量の変化にもある程度対応できるようなりましたが,基本的には,Disk Image のまま保存復元しますので,Hard Diskの大幅な容量変化とか,前回のバックアップ以降変更の有ったものだけコピーするとかには不向きです(そのような用途には,YUPDATEが適しています).

半面,高速なように作っています(【時間に付いて】の項を参照).大体YUPDATE.EXE の 1/5 〜 1/6 ぐらいです.YUPDATE.EXE は2回目以降は速くなるように作って有りますが,DISKDUMP.EXE は2回目以降も同じスピードです.

付記: 私は,バックアップには,Disk Image のままのバックアップと,File単位の バックアップの両方法が必要だと思っています.

バックアップの対象は,DOS Ver 4.0 以上で,DOS Hard Disk, WINDOWS3.1,WINDOWS95, WINDOWS95 OSR2, WINDOWS98 β版, WINDOWS-NT3.5, 4.0(16 bitFormat)です.残念ながら,WINDOWS-NT4.0 NTFS には対応していません.

動作環境

DISKDUMP Final++の対応動作環境
ソフト名:DISKDUMP Final++
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 横川 賢二 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!


「ディスクイメージ操作」カテゴリーの人気ランキング

  1. MAHALITO 各種フォーマットに対応した、フロッピーのファイル化(ユーザー評価:0)
  2. Floppyi フロッピーディスクを丸ごとイメージファイル化します/その逆もします(ユーザー評価:4.5)
  3. Image Disk Converter Ta. MS-DOS汎用 フロッピーディスク→イメージディスク化ソフト(ユーザー評価:0)
  4. .DCUX フロッピー吸出しファイル解凍ツール DCUやBKDSK等で作成したFDDのイメージファイルを解凍します(DOS汎用)(ユーザー評価:4.5)
  5. DPACK フロッピーディスクのイメージの1枚丸ごとファイル化・復元を行う(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック