LCS

最長共通文字列照合プログラム


ソフト詳細説明

【使用法】】LCS OLDファイル NEWファイル


【説 明】OLDファイルとNEWファイルの違いを表示します.
共通部は通常表示し,異なる部分は以下の特殊文字列で囲んで表示します.

[^ と ^] --- 個別部(OLD) [? と ?] --- 解析失敗(OLD)
{^ と ^} --- 個別部(NEW) {? と ?} --- 解析失敗(NEW)


【オプション】特に無し
エラーメッセージやヘルプ以外は標準出力に書き出しているので必要に応じてファイルにリダイレクトしてください.


【処理の限界】なお解析失敗は再帰レベルが "約15" を越えると発生します.
コンベンショナルメモリの状態によっては、もっと少ない再帰レベルで失敗することも有ります.

動作環境

LCSの対応動作環境
ソフト名:LCS
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: Mappy 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

共通  照合  最長 


「テキストファイル用」カテゴリーの人気ランキング

  1. 縦の俳友 俳句・川柳を取り込んで、縦書きで閲覧する(ユーザー評価:0)
  2. GNU DIFF & RCS GNU DIFF & RCS(ユーザー評価:0)
  3. DivTxt 行を単位としてテキストファイルを分割する(ユーザー評価:0)
  4. マルチ行入れ替え 構成する行を任意の順序に入れ替え選択(ユーザー評価:0)
  5. USATOTXT for DOS USA TodayのCD-ROMからテキスト成分を取出す for DOS(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック