汎用FixupFarPtrs()

DSの付け替え処理を簡単に


ソフト詳細説明

汎用FixupFarPtrs()は、8番会議室で話題になった「おまかせ再配置スタ−ト
アップ」を作成中にできた物です。

EXMプログラミングでは、DSの値が変わってしまうため、FARポインタ
のセグメントを付け替える処理が必要です。この処理を行っていたのが
FixupFarPtrs()ですが、付け替えるべきポインタは各自が指定しなければなり
ませんでした(指定し忘れると正常に動作しない)。

汎用FixupFarPtrs()は、「付け替えるべきポインタの配列」を用意しなくても、
自動的に付け替え処理を行います。

動作環境

汎用FixupFarPtrs()の対応動作環境
ソフト名:汎用FixupFarPtrs()
動作OS:MS-DOS
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 境井 徹 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

DS 


「HP-100・200LX用」カテゴリーの人気ランキング

  1. SCP-55イネーブラ ローランド社のMIDIカード SCP-55の100/200LX用イネーブラ(ユーザー評価:0)
  2. FCMD 外部DOSのコマンドインタプリタを起動可能に(ユーザー評価:0)
  3. QVRemote QV-10/100シリーズ用制御プログラム(ユーザー評価:0)
  4. W32 Filer MS-Windows NT/95 を HP 100/200LXの Filerサーバに(ユーザー評価:0)
  5. maxdos System Manager実行下で広いdos空間を(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック
SELECTION