LHA

高圧縮書庫管理プログラム


ソフト詳細説明

LHarc との操作上の相違点
LHA は LHarc を継承したソフトですが、かなり書き換えてしまったので「似て非なる」ソフトとなっています。おもな相違点を以下に示しましたが、もっとたくさんの変更点がありますので、注意してください。

☆ ファイルがソートされない
従来の LHarc ともっとも異なる点は、書庫内のファイルがソートされて格納されないことです。全く新しい書庫を作成するときには、指定した順番に格納されていきます。ワイルドカードがあれば、ディレクトリ内の順番に従います。古い書庫に追加するときには、書庫内に無いファイルは後に追加していきます。
ソートされた書庫を作りたいときには、dsort, ordir, fd などのユーティリティで予め順番に配置しておくか、リスポンスファイルにソートしたファイル名一覧を作っておくと良いでしょう。

A>ls *.c *.h | sort | lha a LZH

などとすることもできます。

☆ -r オプションと -x の連動を中止
解凍時にも -r の指定を有効としたため、-x との連動を止めました。

☆ x コマンド
このバージョンでは、X コマンドを E -x1m1 と等価としてみました。すなわち、ディレクトリ構造も復元しながら解凍します。

☆ 自己解凍ファイルの自動実行機能の変更
LHarc では AUTOLARC.BAT を実行していましたが、LHA では !.BAT に変更しました。また、キーワード比較での自動実行は止め、-! オプションによる実行許可としました。

☆ タイムスタンプについて
LHA では内部的にタイムスタンプを 1970-01-01 00:00:00 UTC からの通算秒に変換しています。このため、実在しないスタンプ(80-00-00 など)を持ったファイルを格納した場合、タイムスタンプは不定となります。

動作環境

LHAの対応動作環境
ソフト名:LHA
動作OS:MS-DOS
機種:汎用 
種類:フリーソフト
作者: 吉崎 栄泰 

ユーザーの評価(1人):4
コメント:1
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

圧縮 ,書庫


「高圧縮書庫管理プログラム LHA」カテゴリーの人気ランキング

  1. 1位LHA - 高圧縮書庫管理プログラム (ユーザー評価:4)
  2. 2位LHA ソースファイル集 - 高圧縮書庫管理プログラム (ユーザー評価:0)
  3. 3位LZSFX - LArc自己展開ファイル作成 (ユーザー評価:0)
  4. 4位LHE - LHAで圧縮したファイルを解凍 (ユーザー評価:0)
  5. 5位超超高速アーカイバ - 高速にLHAフォーマットに圧縮するアーカイバ (ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック