timer

子プロセスで起動したコマンドの実行時間を計測


ソフト詳細説明

timerは、子プロセスで起動したコマンドの実行時間を計測するものです。昔
98用に作ったtimer.exeのアイディアを基に、AT互換機に実装しました。

timer.exeでは、int 21hをフックし、子プロセスの呼び出し以降から計測を
開始します。

結果の表示は

>0.38real 0.06usr 0.32+921sys ( 0.33cpu 0.05+26disk )

のように、標準出力に出力されます。0.38realは、実時間で0.38秒かかった
ということ。0.06usrは、DOSの処理時間以外の、純粋なプログラムの処理時
間が0.06秒であったということ。0.32+921sysというのは、DOSの処理時間が
0.32秒でファンクションコールは921回発行されたということ。0.33cpuは、
cpuの処理時間が0.33秒、0.05+26diskは、DISK BIOSの処理時間が0.05秒、発
行回数は26回ということ。

動作環境

timerの対応動作環境
ソフト名:timer
動作OS:MS-DOS
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 山本 浩文 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

起動  コマンド  計測  プロセス 


「タイマー」カテゴリーの人気ランキング

  1. GTIMER 99分59秒まで測れる学会発表用残り時間表示タイマー(ユーザー評価:0)
  2. 大きなデジタルタイマー ストップウォッチや逆算タイマーをデジタル表示(ユーザー評価:0)
  3. TIMEC ソース 実行時間 計測ツール ソース(ユーザー評価:0)
  4. 7DAYS 1日〜1週間に1回だけ実行したい処理に利用すれば便利なツール(ユーザー評価:0)
  5. TIMEC 実行時間 計測ツール(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック