AutoBack

プロセス毎に異なるグラフィック背景を自動的に描画


ソフト詳細説明

  AutoBack は、PC-9801 シリーズ及びその互換機上の MS-DOS Ver?2.0 以降で動
 作可能な、【プロセス毎に異なるグラフィック背景を自動的に描画する】機能を有
 する常駐プログラムです。

  例えばエディターではグレーバックの背景,通信ソフトではブラックバックで4
 桁毎に青縦線が入った背景、という様にプロセス毎にそれぞれ別の背景にしたい場
 合、既存の背景設定プログラムを使用した場合等は通信ソフトからエディターを起
 動するまでは良いのですが、エディターを終了して通信ソフトに戻る際に【通信ソ
 フトの背景】に戻らない等の不具合が大概あります。しかしながら、AutoBack を
 用いればその際になぜか元の【通信ソフトの背景】に自動的に戻すことが出来るの
 です。

  尚、このプログラムを利用するには拙作 AutoCall Ver 1.20 以降が必要です。

動作環境

AutoBackの対応動作環境
ソフト名:AutoBack
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: Charon 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

自動的  描画  グラフィック  背景  プロセス 


「画面設定その他」カテゴリーの人気ランキング

  1. PANSI コンパクトで常駐解除可能なansi.sys代用ドライバ(ユーザー評価:0)
  2. console.kit 子プロセスの出力内容から,範囲指定した部分をエディタ画面へ貼り付け(ユーザー評価:0)
  3. Standerd Display Interface PC-98系グラフィック画面のカラーモード/パレット/トーンを設定(ユーザー評価:0)
  4. SCAN31 水平周波数を31Khz固定 乱れていた画面が見えるようになる(ユーザー評価:0)
  5. console 標準出力のraw/cookedの状態を変更(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック