ST7自動測光プログラム

ST-7などのCCDでの画像前処理・測光を自動で行うソフト


ソフト詳細説明

ST-7などのCCDでの画像前処理・測光を自動で行うソフトです。京都大学大宇陀観測所で使っている測光ソフトを一部手直ししたものです。ST-7のlow resolution, full frameのFITS画像について動作を確認しています。予め定められた手順で撮像された一連の画像から観測ログの作成、フラットフィールド画像の合成、天体画像のダーク差引、フラットフィールド処理と星の測光を自動で行います。

動作環境

ST7自動測光プログラムの対応動作環境
ソフト名:ST7自動測光プログラム
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: おおるり 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

CCD  ST  測光 


「天文・宇宙」カテゴリーの人気ランキング

  1. LUNA 月齢を算出し、月の概形を描くコマンド ソース(ユーザー評価:0)
  2. VSEDIT 変光星報告形式入力ツール(対話型.stdファイル作成プログラム)(ユーザー評価:0)
  3. BINARY 連星の位置角・角距離を計算(ユーザー評価:4.5)
  4. RISA 天体観測・研究用に開発された精密で多機能・多目的な星図プログラム(ユーザー評価:0)
  5. 多体問題999 パソコン用 天文多体問題シミュレーションプログラム(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック