後頭下穿刺の刺入深度

髄液採取や脊髄造影法の際、後頭下穿刺(外後頭隆起の下を行います


ソフト詳細説明

髄液採取や脊髄造影法の際、腰椎間や尾椎部の穿刺が不可能な場合に後頭下穿刺(外後頭隆起の下5〜10mm)を行います。その時のルンパール針の刺入深度を求めます。看護数式:頸部周径(cm)×1/10+1cm.........(単位:cm)これは成人の場合の看護数式です。これまで看護数式の難しい式や、易しい式を数多く追跡学習させていただきましたが、数式プログラムをなんとかまとめれば、求める数値はすばやく表示されますが、その数値とする医療技術の伴いを必要とするものも数多くあります。ミスワークを問われるトラブルの訴訟が絡むものがあります。看護数式のプログラムで求めた数値に絡む問題の発生についての一切の責任は免責です。これを使用する方の責任であることを再確認いたします。

動作環境

後頭下穿刺の刺入深度の対応動作環境
ソフト名:後頭下穿刺の刺入深度
動作OS:Windows Me/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 原 系之助 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

採取  穿刺  脊髄  隆起  造影 


「ドキュメント」カテゴリーの人気ランキング

  1. 血液検査結果の記録整理 VBScriptによる血液検査結果のHTML自動作成(ユーザー評価:0)
  2. 総適正エネルギー量 準体重に1Kg当たりの必要エネルギーを掛け、1日に必要なカロリーを求めます(ユーザー評価:0)
  3. 妊産婦の必要エネルギー 妊産婦の各時期における必要なエネルギー量は増大します 3期に分けて求めます(ユーザー評価:0)
  4. 人工呼吸器1回換気量設定 難しいモニタ機器のセッチングシュミレーション(ユーザー評価:0)
  5. 血漿浸透圧の概算(重量浸透圧濃度:Osm) 血漿浸透圧の異常は、栄養分や老廃物の運搬・組織内の水分の維持・体温調整などに影響する(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック