上部肥満と下部肥満

ウエストとヒップの周囲比により肥満者を分類し、疾病の発症頻度を求めます


ソフト詳細説明

上部肥満か、下部肥満かの判断も統計的に処理しますと、摂取カロリーが消費カロリーより多い場合に肥満が生じます。高血圧や糖尿病、痛風、冠状動脈硬化症、胆嚢疾患、低換気症候群などの罹患状態を推察する資料になります。

●上部肥満:10以上は、腹部脂肪細胞の大きさが増大し、耐糖能障害、高インスリン血症、高脂血症。高血圧症、虚血性心疾患などの疾患の発症頻度が高い。

●下部肥満:10以下は、脂肪細胞の大きさが正常で代謝異常は少ない。
1.摂取カロリーが消費カロリーより多い場合に肥満が生じ、高血圧や糖尿病、痛風、冠状動脈硬化症、胆嚢疾患、低換気症候群などを罹患しやすい。
2.消費カロリーを高める運動療法や摂取カロリーを少なくする無理のない方法を選択し、ダイエットを行います。

動作環境

上部肥満と下部肥満の対応動作環境
ソフト名:上部肥満と下部肥満
動作OS:Windows 98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 原 系之助 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

分類  肥満  周囲  発症  疾病  ウエスト  ヒップ  頻度 


「ドキュメント」カテゴリーの人気ランキング

  1. 血液検査結果の記録整理 VBScriptによる血液検査結果のHTML自動作成(ユーザー評価:0)
  2. 溶質の溶解量 溶液に溶けている溶質の量を求めます(ユーザー評価:0)
  3. 咳嗽によるエネルギー消費 咳嗽1回につき消費するエネルギー量に回数を乗じて消費エネルギーを算定(ユーザー評価:0)
  4. 蒸発によるエネルギー喪失量 不感蒸泄量1g当たりの気化熱により喪失するエネルギー量が求められます(ユーザー評価:0)
  5. 高カロリー輸液(TPN)の基準 経口摂取・経管栄養不可能な場合の栄養管理TPNのカロリーや蛋白質量を求めます(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック