ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

特集〜ソフトウェアスポットライト
TOP PAGE > Softライブラリ > 特集 > おさらい! Windows 7使いこなしのポイント(前編)

特 集

「まだ使いこなせていない」と感じている、あなたにお贈りする〜おさらい! Windows 7使いこなしのポイント(前編) おさらい!
Windows 7使いこなしのポイント(前編)


「まだ使いこなせていない」と感じている、あなたにお贈りする



年10月に発売された新OS・Windows 7。すでに、以前のOSから乗り換えた方もいらっしゃるだろう。前バージョンのWindows Vistaと比較した場合、見た目は大きく変わっていないが、ユーザビリティは相当向上している。動作の高速化も図られており、スペックが低めのパソコンであってもアプリケーションがキビキビと動くことを、実際に体感した方も多いのではないだろうか。

ベクターの運営する「Windows 7 アプリケーション動作報告リスト」(http://w7.vector.jp/)を見ればわかる通り、Windows 7での動作が確認されたアプリケーションも、ここにきてかなり増えてきた。Windows 7では動作しない場合でも、Windows XPモード(Professional/Ultimateに搭載)で動く可能性があり、多くのアプリケーションはそのまま利用できる。Windows 7を導入するにあたっての障害は、さほど多くない。

話がややそれたが、今回はWindows 7を特集する。「Windows 7をまだ使いこなせていない」という方のために、便利に使うための設定方法やアプリケーションを、前後編の2回に分けてご紹介したい。なお、Windows 7導入の手順はベクター内の特設サイト「Windows 7 SP」(https://www.vector.co.jp/special/windows7sp/)が詳しいので、これから導入しようと考えている方は、そちらを見ていただくのがよいだろう。

(田中 剛健)


ポイント 1
ウィンドウ操作の新機能を確認する ウィンドウ操作の新機能を確認する
覚えておくと使い勝手が格段に上がる「Aero Snap」「Aero Shake」「Aero プレビュー」。まだ使ったことがない方は、だまされたと思って使ってみてほしい。

ポイント 2
スタートメニューをカスタマイズする スタートメニューをカスタマイズする
Windows Vistaに比べて洗練されたスタートメニューだが、自分なりにカスタマイズして、さらに使い勝手を向上させよう。

ポイント 3
「ライブラリ」を積極的に利用する 「ライブラリ」を積極的に利用する
実在するフォルダを関連付けることで、複数あるフォルダをまるでひとつのフォルダのように扱えるようになる。

ポイント 4
ちょっとした技を頭に入れておく ちょっとした技を頭に入れておく
タスクバーにあるアイコンのショートカットキー、ガジェットをデスクトップに追加する……。


…………………… ▼ ……………………
ここまでのまとめ
好みの操作や表示にカスタマイズして
作業効率を上げよう




次へ



掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.