その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2013.04.27 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > トバリドトキシン
トバリドトキシン

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
トバリドトキシン
謎のモンスター「トバリ」を軸に物語が進む、独特な雰囲気が魅力の短編RPG
Windows 8/7/Vista/XP  フリーソフト
トバリドトキシン
ゲーム画面。目覚めた「ジル」は、「ソルシエール」に危険な洞窟の探索を勧められる
トバリドトキシン
物語が進むと、ギルドメンバーが戦闘時に協力してくれるようになる
トバリドトキシン
ダンジョン内でほかのキャラクタを見かけたら、積極的に話しかけよう
独特の雰囲気を持つストーリーと独自のシステムを備えた短編RPG。失われた記憶を取り戻すため、「トバリ」と呼ばれるモンスターが出没する洞窟を探索する。

記憶を取り戻すため、危険な洞窟の奥深くまで探索を進める

「トバリドトキシン」は、謎のモンスター「トバリ」を軸に物語が進む短編RPG。メインのダンジョンを探索するためのレベル上げを、サブダンジョンを使って行えたり、ランダムエンカウントとシンボルエンカウントとの組み合わせにより、プレイヤーが自分のペースで戦闘したりできるシステムが特徴。ゲームバランスがよく、死亡によるペナルティもない。RPG初心者でも安心してプレイできる、ストーリー重視のゲームだ。

主人公は、記憶を失い、自分自身の名前すらわからない少女。倒れているところを「ソルシエール」に助けられ、「ジル」と名付けられる。ソルシエールは、とあるギルドのオーナーで、その支部でジルの面倒を見る。そして、記憶をなくす前にジルが調べようとしていたという洞窟を、奥深くまで潜ることを強く勧める。

しかし、洞窟には腐った空気が充満し、普通の人間は長時間その中にいることができない。その上、モンスターも多く棲息し、非常に危険。「トバリ」と呼ばれる、猛毒の血を持つ、姿の知れない人喰いモンスターの存在も確認されている。そのため、ギルドのメンバーの中には、ジルが洞窟を探索するのに反対する者もいる。ジルは、洞窟の奥深くに辿り着き、自らの記憶を取り戻すことができだろうか? そして、トバリの正体とトバリを巡る謎の真相は……。

ギルド支部を拠点に、ギルドメンバーの助けを受けて探索を行う

「ソルシエール」は、目覚めたジルが最初に会った人物。ギルドを運営し、怪しい研究をしている、ちょっと魔女的な存在。危険だからと止める、ほかのメンバーとは反対に、ギルド支部の裏にある「髑髏の洞窟」の奥深くに潜れば、記憶を取り戻せるかもしれないとジルにけしかける。ジルのことを何かしら知っているような節もある……。

「ナギ」は、ギルドのメンバーで、洞窟内で初めて出会った人物。ギルドでは薬草を育て、ピアノも教えている。ちょっと陰があり、非力なタイプ。ジルの洞窟探索には反対の立場だが、妨害はしない。

「シュウ」は、姉御肌のギルドメンバーで、アイテム担当。休みの日には、人を襲う魔物「トバリ」を追いかけているらしい。メンバーの中では最も常識的。

「カラト」は、言動がちゃらんぽらんなギルドメンバー。モンスターハントを担当。メンバーの中では最も強く、好き嫌いが激しい。何を考えているのかわからない、ちょっと危ないところがある。

そのほかにも、「イース」や「ラファエロ」「グレゴ」「ジャック」といったキャラクタが登場し、物語に彩りを添える。

洞窟とギルド支部周辺ダンジョンの交互攻略で、安全にレベルを上げられる

ゲームのメインは、髑髏の洞窟内部の探索。しかし、いきなり洞窟の奥深くまで入ろうとすると、レベルが足りない。ギルド支部の周辺には洞窟よりも安全な森をはじめとしたダンジョンがいくつかあり、そこでレベル上げを行える。

そのうちの三つのダンジョンでは、ナギ、シュウ、カラトのいずれか一人がパーティを組んで、一緒に戦ってくれるため、より安全に戦闘に勝利することができる。ただし、ギルドのメンバーが一緒に行動するのは、モンスターとの戦闘時のみ。それ以外のときは、それぞれ思い思いの行動をとる。ダンジョン内でギルドメンバーのシンボルに話しかければ、会話したりもできる。

一度でもパーティを組んだことのあるメンバーは、黒い本で名前を選択すれば、仲間にすることが可能。ただし、特定の敵との戦いや髑髏の洞窟の探索などでは、仲間になることを拒否されることもある。

HP/SPを全回復させるには、回復ポイントの「泉」で決定キーを押せばよい。同時に、回復アイテムの「ボトル」にマナを補充し、HPを30%回復できるアイテムにすることが可能。ボトルには何度でもマナを補充できる。ボトルを強化すれば、一回の補充で回復できる回数を増やすことも可能だ。

ボトルの強化や新たなスキルの獲得は、メニューの「スキル」を使って空間移動し、到着した部屋で「スキル」「ボトル」「仲間スキル」から選択して、マナを消費することで行える。




go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する

 ソフトライブラリからのおすすめソフト
リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト「SSDブースター」
リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
「SSDブースター」
柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト「ToMoClip」
柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト
「ToMoClip」
カレンダーやガントチャートも簡単に作れる。Excelに便利な機能を追加できるアドインの第二弾「Excel便利機能ボタン集2」
カレンダーやガントチャートも簡単に作れる。Excelに便利な機能を追加できるアドインの第二弾
「Excel便利機能ボタン集2」
マクロによる作業の自動化にも対応した、カスタマイズ自由度の高い多機能ファイル管理ソフト「FileShelf Plus」
マクロによる作業の自動化にも対応した、カスタマイズ自由度の高い多機能ファイル管理ソフト
「FileShelf Plus」
二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト「練馬」
二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト
「練馬」

go! download
上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
現在公開ファイルがありません



最近のレビュー記事
Quick EyeQuick Eyenew!!Quick Eye
さまざまな形式のファイルをスペースキーだけでプレビューできる、軽快動作の“クイックルックアプリケーション”
ESET ファミリー セキュリティESET ファミリー セキュリティESET ファミリー セキュリティ
実行中プログラムの「ふるまい」を監視し、問題のある挙動を通知する機能が追加された「ESET」の新バージョン
PDFelement 6 ProPDFelement 6 ProPDFelement 6 Pro
充実した注釈機能や使いやすいプロテクト機能を搭載。ファイルの編集・変換・最適化を一本で行える高機能PDF編集ソフト
Iperius Backup FREEIperius Backup FREEIperius Backup FREE
シンプルな画面ではじめてでも直感的に使える、“軽快”バックアップソフトのエントリーエディション
Advanced SystemCare 11 PROAdvanced SystemCare 11 PROAdvanced SystemCare 11 PRO
脆弱性の診断・修正もワンクリックで。システムの最適化や保護、スピードアップを手軽に行える“高速&快適化アプリ”
講談社夏☆電書2017
講談社夏☆電書2017
新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
【2017年11月】

窓フォト窓フォト
“見たまま”を画像として取り込める。キャプチャ画像の編集・加工やGIFアニメの作成も可能な多機能スクリーンキャプチャ
筆楽名人2018 for Win筆楽名人2018 for Win
シンプルな操作画面ではじめてでも直感的に使える、“おしゃれ”な年賀状・はがき作成ソフト
TextifyTextify
ダイアログ内のテキストなど、通常はコピーできない文字列もコピー可能にするミニユーティリティ
Driver Booster 5 PRODriver Booster 5 PRO
アイドル時の自動インストールが可能に。100万以上のドライバーに対応する、簡単操作のドライバー更新ソフト
FreeMoveFreeMove
別ドライブへの移動にも対応。プログラムのインストールフォルダを、リンクを壊さずに移動できるソフト
夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


「トバリドトキシン」と同じカテゴリーの他のレビュー

レビュー記事一覧




ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.