その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2012.09.25 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > フォント自動判定

フォント自動判定

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
フォント自動判定
画像内にある文字のフォントを特定できるソフト
Windows 7/Vista/XP/Me/2000/98/NT  フリーソフト
フォント自動判定
  • 動作中の画面。フォントの判定結果は、可能性の高い順に表示される


  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 文字指定は画像内の範囲指定と文字入力とで行う
  • オプション設定画面。文字修飾や判定精度などを指定できる


  • 画像に含まれる文字のフォントを調べることができるソフト。

    「フォント自動判定」は、画像内で使われている文字のフォントを特定できるソフト。調べたい文字を指定すると、パソコンにインストールされたフォントを検索し、その中から最も近いと思われるフォントを表示する。BMP(DIB)、GIF、JPEG、ICO、PNG、PSD、TGA、PBM(PGM/PPM)、SR(RAS)、TIFF、EXR、JP2の各形式に対応する。

    フォントを特定するためにユーザが行う操作は、

    1. 文字を含む画像の指定
    2. 判定オプションの指定
    3. 判定する文字の指定
    の3ステップ。ウィザード形式で行える。これらに続いて「フォントの探索」「結果表示」が行われる。

    判定オプションでは、文字の修飾(太字、斜体、下線、打ち消し線)や読み込み時のオプション、判定精度などを指定できる。文字の修飾では例えば、調べたい文字が斜体になっていれば「文字を斜体にする」にチェックを入れればよい。読み込み時のオプションには「(文字自身の)縦横比情報を考慮する」「ぼかしを掛けておく(ガウシアンフィルタをかける)」「色を反転させておく」が用意されている。判定精度は、最低から最高までの五段階から選択できる。判定する文字の方向も指定することができ、「縦書き」を指定すると、探索対象が縦書きフォントに限定される。

    文字の指定では、画像の文字部分をマウスで囲んで指定するとともに、「それが何という文字であるか」をキーボードで入力する。複数の文字を指定することも可能で、これによって判定精度の向上が期待できる。複数文字を指定する場合は、画像内の文字は一文字ずつ枠で囲み、なおかつ文字入力も一文字ずつカンマで区切って行う(ただし、複数文字の指定で有効なのは、すべてが同じフォントのとき。別フォントの複数文字を指定しても、個別のフォント判定は行われない)。

    フォントの探索が実行されると、インストールされたフォントのうち、相違度の低い順にランキング表示される。最上位にあるものが、指定した文字のフォントである可能性が最も高い。また、ランキング表の書体を選択すると、当該フォントの文字が右側の「判定された字体」に表示されるので、最上位以外のフォントも確認しながら、最終的にユーザが判定を下すことができる。ランキング表で選択したフォント名をクリップボードにコピーする機能もある。



    go! download このソフトをダウンロード・購入する
    このソフトをダウンロード・購入する

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    ダイアログ内のテキストなど、通常はコピーできない文字列もコピー可能にするミニユーティリティ「Textify」
    ダイアログ内のテキストなど、通常はコピーできない文字列もコピー可能にするミニユーティリティ
    「Textify」
    “見たまま”を画像として取り込める。キャプチャ画像の編集・加工やGIFアニメの作成も可能な多機能スクリーンキャプチャ「窓フォト」
    “見たまま”を画像として取り込める。キャプチャ画像の編集・加工やGIFアニメの作成も可能な多機能スクリーンキャプチャ
    「窓フォト」
    別ドライブへの移動にも対応。プログラムのインストールフォルダを、リンクを壊さずに移動できるソフト「FreeMove」
    別ドライブへの移動にも対応。プログラムのインストールフォルダを、リンクを壊さずに移動できるソフト
    「FreeMove」
    保存済みデータとの比較も可能な、結果を把握しやすいファイル比較ソフト「FolderDiff」
    保存済みデータとの比較も可能な、結果を把握しやすいファイル比較ソフト
    「FolderDiff」
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト「SSDブースター」
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
    「SSDブースター」

    go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    フォント自動判定 3.2 画像から使用されているフォントを自動判定 (959K)




    最近のレビュー記事
    7+ Taskbar Tweaker7+ Taskbar Tweakernew!!7+ Taskbar Tweaker
    タスクバーの動作・表示をマスクスリックだけで簡単に“微調整”し、自分好みにカスタマイズできるソフト
    ZOOM PLAYER MAX 14ZOOM PLAYER MAX 14ZOOM PLAYER MAX 14
    シンプルなインタフェースに多彩な機能を搭載。安定した動作やカスタマイズ自由度の高さなどが特徴のメディアプレイヤー
    SterJo Startup PatrolSterJo Startup PatrolSterJo Startup Patrol
    新規アイテムの追加監視機能を備えた、シンプルなスタートアップ管理ソフト
    やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0
    OCRエンジン、画像補正エンジンを改善し、さらに精度を向上させた簡単・高機能な名刺管理ソフト
    わが家の家計簿 がまぐち君v4 Miniわが家の家計簿 がまぐち君v4 Miniわが家の家計簿 がまぐち君v4 Mini
    v4でグラフ機能を追加。強力な入力支援機能で快適に使える、シンプルな家計簿ソフト
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年12月】

    Ashampoo Photo Commander 16Ashampoo Photo Commander 16
    最高4Kまでの高解像度スライドショーの作成にも対応。スマートなインタフェースで使いやすい、高速表示の画像管理・編集ソフト
    DaigoDaigo
    ペアで登録した「トリガー」の入力で、事前登録済みの「単語」をサッと挿入できる、シンプルなスニペットツール
    Recover Keys 2Recover Keys 2
    ネットワーク経由でのMac用ソフトのキー抽出も可能に。9,000種類以上のソフトに対応する“プロダクトキー復元ソフト”
    Quick EyeQuick Eye
    さまざまな形式のファイルをスペースキーだけでプレビューできる、軽快動作の“クイックルックアプリケーション”
    ESET ファミリー セキュリティESET ファミリー セキュリティ
    実行中プログラムの「ふるまい」を監視し、問題のある挙動を通知する機能が追加された「ESET」の新バージョン


    「フォント自動判定」と同じカテゴリーの他のレビュー

    レビュー記事一覧




    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.