その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2012.07.07 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > Diskeeper 12 日本語版 Professional エディション

Diskeeper 12 日本語版 Professional エディション

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
Diskeeper 12 日本語版 Professional エディション
デザインを一新し、ディスクの状態をより把握しやすくなった“定番”デフラグソフトの新バージョン
Windows 7/Vista/XP  製品:試用不可
Diskeeper 12 日本語版 Professional エディション
  • メイン画面(ホーム)。断片化の発生状況やディスクの健康状態を把握できる


  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 「基本設定」画面(ボリューム)。IntelliWriteや自動でフラグなどで断片化の発生を防止する
  • 「詳細設定」画面(ボリューム)。自動デフラグの対象や実行時間帯を指定できる


  • “定番”高機能デフラグソフト「Diskeeper」シリーズの新バージョン。ユーザインタフェースが一新され、ディスクの状態や改善の効果などがさらにわかりやすくなった。

    「Diskeeper」は、ディスクドライブの性能を低下させる断片化(フラグメンテーション)を解消し、ディスク本来の性能を発揮させる最適化ソフト。バックグラウンドでの自動処理により、ユーザの作業を邪魔することなく、ディスクを常に快適な状態に保ってくれる。新バージョン「12」では、インタフェースがまったく新しいものになったほか、ハードディスクをモニタして異状を教えてくれる「ディスクヘルス」機能、システムの起動時間を改善する「HyperBootテクノロジー」などが追加された。「Professional」のほかに「Home」「Server」の各エディションがある。

    最適化(デフラグ)の作業は、

    • すでに発生している断片化の解消
    • 断片化の発生そのものを抑える予防的な措置
    の二つに大きく分けられる。「断片化の解消」にあたるのは、ディスクの分析と分析結果にもとづいたデフラグ、デフラグ作業をスケジュール化する自動デフラグなど。「予防的な措置」では、断片化の発生を抑止する「IntelliWrite」と、それでも発生してしまう断片化を即座に解消する「Instant Defrag」の各機能が該当する。デフラグの作業自体を減らすことができ、デフラグ実行中の処理速度低下の軽減やバッテリー消費の改善にもつながる。さらに、ファイルのアクセス状況を分析し、より効率的に最適化できる「I-FAAST」と組み合わせることで、より高いパフォーマンスを発揮する。

    メイン画面(ホーム)には、

    • ボリュームパフォーマンスの通知
    • ディスクヘルスの通知
    • 防止および解消された断片数
    • Diskeeperが使用するリソース
    • 設定に関する通知
    の各項目が大きめのボタンで表示され、最適化を実行したり、レポートを閲覧したり、設定画面を呼び出したりできるようになっている(画面上部のメニューからも同様の操作を行える)。

    《ホーム画面に表示される情報と呼び出せる機能》

    (1)ボリュームパフォーマンスの通知
    パソコン全体の断片化状況を「正常」「警告」「危機」の三段階で表示する。クリックすると、ディスクの分析や最適化を実行できる。分析結果は、ファイルの配置状態を示す「ボリュームマップ」のほか、断片化しているファイル数などの「統計情報」、「最も断片化したファイル」の一覧、「アクセス時間(断片化ファイルの読み取りに必要な時間と最適化後の時間の比較)」などからなる「ボリュームの詳細」に表示される。

    (2)ディスクヘルスの通知
    ディスクの健康状態(エラーの発生状況など)を「正常」「警告」「危機」の三段階で通知してくれる。ディスクのモデル名やシリアル番号、ファームウェアなどの「ディスクの情報」、S.M.A.R.T.の測定値読み込みエラー率やスピンアップ時間、ハードディスク温度などの具体的なデータ「S.M.A.R.T.の詳細」も確認できる。

    (3)防止および解消された断片数
    「IntelliWrite」「Instant Defrag」によって防止・解消された断片の数を確認できる。

    (4)Diskeeperが使用するリソース
    自動デフラグ中などに「Diskeeper」が使用しているリソースをリアルタイムに表示する。

    (5)設定に関する通知
    「基本設定」画面を呼び出す。

    このうち(2)ディスクヘルスの通知、(3)防止および解消された断片数、(4)Diskeeperが使用するリソースは「レポート」機能の一部。レポート機能全体は「ボリューム」「システム」「ディスクヘルス」に分けられている。

  • 「ボリューム」に関するレポート

  • 「ボリュームパフォーマンスの通知」画面を呼び出して、分析とデフラグを実行できるほか、「パフォーマンスヒストリーレポート」では、アクセス時間の改善度や削減されたディスクアクセスの累計などがわかる。

  • 「システム」に関するレポート

  • IntelliWrite、Instant Defrag、自動デフラグのそれぞれが処理した断片数や最近デフラグされたファイル、ディスクアクセスの削減数、CPUの平均使用率が高いプロセス、最もリソースを使用したファイルの種類などの統計情報を確認できる。

  • 「ディスクヘルス」に関するレポート

  • 「システム」に関するレポート同様、ディスクごとの状態が表示される。発生したアラートの履歴や内容を確認することも可能。

    レポートには対象期間を指定できるものもある。過去7日間から12ヵ月まで、6段階から選択できる。

    設定画面も「ボリューム」「システム」「ディスクヘルス」に分けられ、それぞれに基本設定と詳細設定とがある。

  • 「ボリューム」関連の主な設定項目

  • 基本設定では、IntelliWriteや自動デフラグをボリュームごとに指定できる。詳細設定では、自動デフラグのスケジュール登録や、SSDを正しく認識できなかった場合の設定などを行える。

  • 「システム」関連の主な設定項目

  • 基本設定では、新しいボリュームが検出された場合、IntelliWriteや自動デフラグをONにするかどうかを指定したり、バッテリー駆動中に自動デフラグを無効にしたりすることができる。詳細設定では、自動デフラグ/マニュアルデフラグのそれぞれの実行モードを設定したり、デフラグ対象から除外するファイルを登録したりできる。

  • 「ディスクヘルス」関連の主な設定項目

  • 基本設定では、監視対象のディスクを指定できる。詳細設定では、監視するディスクの属性(温度やエラーの発生状態など)の選択やアラートの生成方法、電子メールでの通知などを設定できる。


    go! download このソフトをダウンロード・購入する
    このソフトをダウンロード・購入する

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    さまざまな形式のファイルをスペースキーだけでプレビューできる、軽快動作の“クイックルックアプリケーション”「Quick Eye」
    さまざまな形式のファイルをスペースキーだけでプレビューできる、軽快動作の“クイックルックアプリケーション”
    「Quick Eye」
    シンプルな画面ではじめてでも直感的に使える、“軽快”バックアップソフトのエントリーエディション「Iperius Backup FREE」
    シンプルな画面ではじめてでも直感的に使える、“軽快”バックアップソフトのエントリーエディション
    「Iperius Backup FREE」
    充実した注釈機能や使いやすいプロテクト機能を搭載。ファイルの編集・変換・最適化を一本で行える高機能PDF編集ソフト「PDFelement 6 Pro」
    充実した注釈機能や使いやすいプロテクト機能を搭載。ファイルの編集・変換・最適化を一本で行える高機能PDF編集ソフト
    「PDFelement 6 Pro」
    保存済みデータとの比較も可能な、結果を把握しやすいファイル比較ソフト「FolderDiff」
    保存済みデータとの比較も可能な、結果を把握しやすいファイル比較ソフト
    「FolderDiff」
    ペアで登録した「トリガー」の入力で、事前登録済みの「単語」をサッと挿入できる、シンプルなスニペットツール「Daigo」
    ペアで登録した「トリガー」の入力で、事前登録済みの「単語」をサッと挿入できる、シンプルなスニペットツール
    「Daigo」

    go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    製品(複数価格あり)
    Diskeeper 12J Professional 体験版 HDDデフラグ&SSD最適化ツール全搭載 「Diskeeper 12」 (50,791K)




    最近のレビュー記事
    MyMemoMyMemonew!!MyMemo
    入力、リストの二つのウィンドウで構成されるメモソフト。分類、標題、検索などで、目的のメモにすぐにアクセスできる
    ギュギュっと超圧縮PROギュギュっと超圧縮PROギュギュっと超圧縮PRO
    圧縮後のファイルを対応アプリケーションでそのまま開いて編集できる。解凍操作不要の“ファイル軽量化ソフト”
    WheelPLUSWheelPLUSWheelPLUS
    ホイール非搭載機種でホイール操作を可能に。多彩な機能でマウス/トラックボールの操作性を向上させるソフト
    WinOptimizer 15WinOptimizer 15WinOptimizer 15
    アプリケーションが作成する一時ファイルなどの自動削除も可能。一本でさまざまな高速・最適化処理を行えるオールインワンソフト
    sugurusugurusuguru
    高度なGoogle検索を簡単に実行できる。Googleを利用した検索の効率化を図り、精度を向上させるためのソフト
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2018年1月】

    やるぞ!確定申告2018 for Windowsやるぞ!確定申告2018 for Windows
    申告書類の縮小イメージで確認しながら戸惑うことなく操作できる、充実サポートの確定申告書作成ソフト
    CalcTape FreeCalcTape Free
    計算過程を確認でき、途中で修正することもできる、ユニークなインタフェースの電卓ソフト
    iMyFone Umate Pro:iOSクリーンアップiMyFone Umate Pro:iOSクリーンアップ
    iOSデバイス内にたまった不要ファイルや個人データを一括削除し、「モタつき」「空き容量不足」を解決
    7+ Taskbar Tweaker7+ Taskbar Tweaker
    タスクバーの動作・表示をマスクスリックだけで簡単に“微調整”し、自分好みにカスタマイズできるソフト
    ZOOM PLAYER MAX 14ZOOM PLAYER MAX 14
    シンプルなインタフェースに多彩な機能を搭載。安定した動作やカスタマイズ自由度の高さなどが特徴のメディアプレイヤー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    「Diskeeper 12 日本語版 Professional エディション」と同じカテゴリーの他のレビュー

    レビュー記事一覧




    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.