その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2012.01.27 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > 巡り廻る。

巡り廻る。

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
巡り廻る。
自由度が高く、“自分の思うまま”にプレイできるRPG
Windows 7/Vista/XP/2000  フリーソフト
巡り廻る。
  • ゲーム画面。冒頭でキャラクリエイトを行う。はじめてプレイする人には、戦闘力の高い前衛職がお勧め


  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 主人公を助ける光の巫女「リン」。世界を闇から救うため、諸悪の根源である闇の竜の情報を集めているようだ
  • 街ではさまざまなクエストを請け負うことができる。お勧めは、移動しているだけで達成できる輸送クエスト


  • “ファンタジー世界を巡り廻るRPG”。火、地、水の国を巡りながら、ゲームの世界で“自分の思うまま”に生きることができる。

    光の巫女「リン」との出会い――プレイヤーの冒険はここからはじまる

    「巡り廻る。」は、「闇の竜に支配された世界を旅する」という設定の、自由度の高いRPG。「闇から世界を救う」というメインストーリーは存在するが、ゲーム序盤は物語の進行に主人公が関わることは少ない。プレイヤーは主人公を操作しながら、自分自身で旅の目的を見つけることになる。総プレイ時間は100時間以上。

    ゲーム開始後にまず行うことはキャラクタクリエイト。男三人、女三人の中から好きな「外見」のキャラクタを選び、続けて「出身」「種族」「職」「得意武器」を選択する。出身には「火の国」「地の国」「水の国」「不明」があり、選択した国からゲームがはじまる。不明を選択した場合は、火、地、水のどれかからランダムで選ばれる。

    ゲームの舞台は、日の光が闇に遮られ、魔物が絶えることなく現れる世界。誰もが光をもたらす者の出現を待っていた。主人公は、旅の途中で行き倒れていたところを、「リン」「アレス」「ビビット」「ハクオウ」という四人の冒険者に救われる。光の巫女であるリンによると、彼らは闇の竜に関する情報を集めているという。翌朝、四人と別れた主人公は、自らも冒険に乗り出す。まずはともに旅をする仲間を見つけるため、比較的魔物と遭遇しない街道沿いを歩きながら、近くの村へと向かう──ここまでがゲームの導入部分だ。

    歯ごたえのある戦闘と膨大なやり込み要素が魅力

    「巡り廻る。」には、魔物との戦闘、ダンジョンの探索、クエストの遂行、賞金クビの退治、アイテムの収集など、数え切れないほどのやり込み要素が用意されている。プレイヤーは、これらから自分のやりたいことを見つけ、自由にこなしながら、三つの国を周ることになる。何をするにもお金が必要となるので、最初は魔物を倒したり、クエストを請け負ったりしながら、お金を貯めるところからはじめるとよい。

    フィールドマップ上ではリアルタイムで時間が経過し、歩いていても止まっていても、敵に遭遇する。敵に遭遇すると、キャラクタの頭上に「!」マークが表示され、マークが黄色のときに決定ボタン(【Z】/【Enter】キー)を押すと、戦闘がはじまる仕組み。赤いときに決定ボタンを押せば、戦闘を回避できる。一人での戦闘はかなりきつい。できるだけ戦闘を回避し、まずは街へ行ってパーティメンバーを集めよう。

    戦闘は、サイドビューのアクティブタイムバトル制。最大四人のパーティメンバーで戦う。画面上部にはバーが設置され、バーの上に味方、下に敵の行動順が表示される。戦闘中、キャラクタは九つのマスの上を移動することができ、前衛・中衛・後衛のいずれかから攻撃できる。攻撃できる範囲は、マスの場所と使用武器によって異なる。

    クエストは、フィールド上に存在する街で請け負うことができる。クエストの内容はさまざま。成功するとエレメントによる報酬に加え、「名声」も手に入る。名声が高まると金や武器をもらうことができるため、クエストはなるべく多くこなしたい。しかし、失敗すると名声はダウンする。自分ができる範囲で請け負いたい。

    クエスト達成報酬のエレメントは、その場で換金できる。しかし、国ごとに通貨単位が異なり、それぞれの通過を直接、交換することはできない。ほかの国に移動することも考え、手持ちのエレメントをすべて換金するのではなく、ある程度残しておくとよい。



    go! download このソフトをダウンロード・購入する
    このソフトをダウンロード・購入する

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト「SSDブースター」
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
    「SSDブースター」
    柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト「ToMoClip」
    柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト
    「ToMoClip」
    カレンダーやガントチャートも簡単に作れる。Excelに便利な機能を追加できるアドインの第二弾「Excel便利機能ボタン集2」
    カレンダーやガントチャートも簡単に作れる。Excelに便利な機能を追加できるアドインの第二弾
    「Excel便利機能ボタン集2」
    マクロによる作業の自動化にも対応した、カスタマイズ自由度の高い多機能ファイル管理ソフト「FileShelf Plus」
    マクロによる作業の自動化にも対応した、カスタマイズ自由度の高い多機能ファイル管理ソフト
    「FileShelf Plus」
    二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト「練馬」
    二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト
    「練馬」

    go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    巡り廻る。 1.21 ファンタジー世界を巡り廻るRPG (19,327K)




    最近のレビュー記事
    Recover Keys 2Recover Keys 2new!!Recover Keys 2
    ネットワーク経由でのMac用ソフトのキー抽出も可能に。9,000種類以上のソフトに対応する“プロダクトキー復元ソフト”
    Quick EyeQuick EyeQuick Eye
    さまざまな形式のファイルをスペースキーだけでプレビューできる、軽快動作の“クイックルックアプリケーション”
    ESET ファミリー セキュリティESET ファミリー セキュリティESET ファミリー セキュリティ
    実行中プログラムの「ふるまい」を監視し、問題のある挙動を通知する機能が追加された「ESET」の新バージョン
    PDFelement 6 ProPDFelement 6 ProPDFelement 6 Pro
    充実した注釈機能や使いやすいプロテクト機能を搭載。ファイルの編集・変換・最適化を一本で行える高機能PDF編集ソフト
    Iperius Backup FREEIperius Backup FREEIperius Backup FREE
    シンプルな画面ではじめてでも直感的に使える、“軽快”バックアップソフトのエントリーエディション
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年11月】

    Advanced SystemCare 11 PROAdvanced SystemCare 11 PRO
    脆弱性の診断・修正もワンクリックで。システムの最適化や保護、スピードアップを手軽に行える“高速&快適化アプリ”
    窓フォト窓フォト
    “見たまま”を画像として取り込める。キャプチャ画像の編集・加工やGIFアニメの作成も可能な多機能スクリーンキャプチャ
    筆楽名人2018 for Win筆楽名人2018 for Win
    シンプルな操作画面ではじめてでも直感的に使える、“おしゃれ”な年賀状・はがき作成ソフト
    TextifyTextify
    ダイアログ内のテキストなど、通常はコピーできない文字列もコピー可能にするミニユーティリティ
    Driver Booster 5 PRODriver Booster 5 PRO
    アイドル時の自動インストールが可能に。100万以上のドライバーに対応する、簡単操作のドライバー更新ソフト
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    「巡り廻る。」と同じカテゴリーの他のレビュー

    レビュー記事一覧




    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.