その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2011.07.23 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > SSDLife Pro

SSDLife Pro

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
SSDLife Pro
SSDの“健康状態”をチェックし、データ損失などのリスクを回避するためのソフト
Windows 7/Vista/XP  製品:試用可
SSDLife Pro
  • メイン画面。SSDの健康状態や予測寿命などを確認できる


  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 設定画面。定期的にチェックを実行することも可能
  • S.M.A.R.T.の詳細情報を確認することもできる


  • SSDの“健康診断”や“寿命”の予測、S.M.A.R.T.(Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology)情報の確認などを行えるユーティリティ。

    「SSDLife Pro」は、大容量不揮発性メモリで構成されたディスク装置「SSD(Solid State Drive)」の状態をチェックし、故障の可能性などを事前に警告してくれるSSD用ユーティリティ。使用期間や書き込み量などの状態からエラーの可能性を事前に把握することでき、データ損失の防止などにつなげることができる。複数のSSDをチェックしたり、バックグラウンドでチェックしたりすることも可能。スケジュール機能で定期的に健康状態を確認することもできる。

    メイン画面は、SSDのドライブごとにタブが設けられるダイアログ風のデザイン。例えば2台のSSDが接続されている場合は、画面内には2枚のタブが表示され、1台の場合はタブは1枚となる。

    各タブ画面では、(現在選択されている)SSDの健康状態や予測寿命が表示され、「そのまま安心して使えるかどうか」がひと目でわかる。さらにSSDの基本情報として、外観の画像やメーカーのロゴ、型番、ファームウェアのバージョン、総容量と空き容量、稼働時間、「トリム」機能対応の有無なども確認できるようになっている。

    健康状態は、SSDの基本情報や使用時間、S.M.A.R.T.情報などから、「SSDlife Pro」が独自に計算したもの。100%から0%までの値で示される。100%に近いほどドライブは新品に近く、安心して使用できる。値が低下するほど、故障の可能性が高くなると考えればよい。

    そのほかにもスループットとして、当日および前日、直近1週間のドライブに対する転送量(GB)を確認することが可能だ。

    対応するSSDは、Intelの最新モデルからVertexの初期モデルまで多数。SATAインタフェースでパソコンに直結されたドライブで利用できる(RAIDカードなどの特殊なカードを経由したり、USB変換などを経由して接続されたSSDは認識されない)。

    「SSDlife」には、「SSDLife Pro」のほか、一部機能が割愛されたフリーソフト版「SSDLife Free」もある。「Pro」では、スケジュールでSSDを定期チェックしたり、複数台のSSDをチェックしたりできる(「Free」ではできない。くわしくは「SSD Life 製品比較」を参照のこと)。



    go! download このソフトをダウンロード・購入する
    このソフトをダウンロード・購入する

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    起動して、サッとメモを書いたら、それで完了。余計な操作は不要の、シンプルなメモソフト「CubeNote」
    起動して、サッとメモを書いたら、それで完了。余計な操作は不要の、シンプルなメモソフト
    「CubeNote」
    Office/PDFファイルなどの検索も可能。エクスプローラのコンテキストメニューからも利用できる、軽快なGrepソフト「MiGrep2」
    Office/PDFファイルなどの検索も可能。エクスプローラのコンテキストメニューからも利用できる、軽快なGrepソフト
    「MiGrep2」
    ツリー形式または詳細なリスト形式での出力が可能。簡単・手軽に使えるフォルダ/ファイルリストの作成ソフト「FolderFileList」
    ツリー形式または詳細なリスト形式での出力が可能。簡単・手軽に使えるフォルダ/ファイルリストの作成ソフト
    「FolderFileList」
    無償で公開されている基盤地図情報などを利用して、高精度なDXF形式地図を作成できるソフト「VectorMapMaker」
    無償で公開されている基盤地図情報などを利用して、高精度なDXF形式地図を作成できるソフト
    「VectorMapMaker」
    シンプルなインタフェースで使いやすい。275以上の拡張子に対応したファイルサイズ削減ソフト「FileOptimizer」
    シンプルなインタフェースで使いやすい。275以上の拡張子に対応したファイルサイズ削減ソフト
    「FileOptimizer」

    go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    製品プロレジ・シェアレジ(2,551円(税込))
    SSDLife Pro 2.5.87 SSDの寿命予測・健康診断・使用状況などに対応したSSD用ユーティリティ (3,851K)




    最近のレビュー記事
    漢字博士 漢太郎漢字博士 漢太郎new!!漢字博士 漢太郎
    56,000以上の漢字を、読み・部首・総画数で探してWordなどに貼り付けられる、異体字対応の漢字検索ソフト
    ALiSALiSALiS
    指定したタイミングでアプリやファイル、システムタスクなどを開ける。手軽に使えるスケジュール型ランチャ
    CurioSoundCurioSoundCurioSound
    設定項目をしぼり込み、誰でも簡単に操作することが可能。手持ちのCDなどもハイレゾ相当の高音質で楽しめる純国産のサウンドプレイヤー
    Weather TypingWeather TypingWeather Typing
    ネットワーク対戦やCPU対戦も楽しめる、カスタマイズ自由度の高い多機能タイピング練習ソフト
    FileCapsule Deluxe PortableFileCapsule Deluxe PortableFileCapsule Deluxe Portable
    「共通鍵」「公開鍵」の両暗号化方式に対応。手軽に使える、高速・高機能なファイル/フォルダ暗号化ソフト
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年7月】

    自作のゲーム、実用ソフト、スマホアプリなど、注目の作品が登場する、プログラミング環境「HSP」の祭典
    「HSPプログラムコンテスト2017」
    応募作品受付中!
    セパレータ
    /セパレータ
    目に優しい画面目に優しい画面
    ディスプレイの色温度と輝度を目に優しい設定に変更。インストールするだけで“即”使える“ブルーライトカット専用ソフト”
    Windows System CheckerWindows System Checker
    Windowsの標準機能を利用して、システムドライブのメンテナンスを手軽に行えるミニユーティリティ
    FolderRoboFolderRobo
    堅牢なrobocopy.exeをわかりやすいGUIで使える。自動繰り返し設定も簡単なフォルダ単位のバックアップソフト
    当てる!ロト6当てる!ロト6
    五つの理論を好みで“配合”。購入結果の管理も可能なロト6当選数字予想ソフト
    PlainDesktopPlainDesktop
    デスクトップごとに異なる背景を設定でき、切り替えも簡単。幅広いユーザ層に対応する、使いやすい仮想デスクトップソフト
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    「SSDLife Pro」と同じカテゴリーの他のレビュー

    レビュー記事一覧




    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.