その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2009.07.22 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > BB FlashBack Express 日本語版

BB FlashBack Express 日本語版

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
BB FlashBack Express 日本語版
キャプチャドライバモードを搭載し、CPUにほとんど負荷をかけない、軽快動作のスクリーンレコーダ
Windows Vista/XP/2000  フリーソフト
BB FlashBack Express 日本語版
  • 録画や再生はタスクバー(デスクバンド)やタスクトレイメニューなどから操作して、実行できる

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 「録画領域の選択」設定画面。選択できるのは「フルスクリーン」「ウィンドウ」「領域」の3種類
  • 「プレーヤー」画面。Webカメラのインポーズ位置はキャプチャ後に自由に変更できる

  • 軽快な動作が特徴のスクリーンレコーダ。“CPUにほとんど負荷のかからない録画”を実現する。

    「BB FlashBack Express 日本語版」は、デスクトップ上の動きを動画として取り込み、ファイル保存できる“画面録画”ソフト。パソコンで再生された音声などを録音することも可能。録画用の「レコーダー」、再生用の「プレーヤー」の2本のプログラムからなり、設定はウィザード形式のウィンドウで簡単に行える。録画した動画は、独自のファイル形式(FBR)で保存できるほか、FLV/SWF/AVI形式のファイルに出力することも可能。録画した動画をYouTubeなどの動画共有サイトにアップロードする機能も備えている。さらに、Webカメラの映像を同時に録画したり、出力範囲をフレーム単位で指定したりといったことも可能だ。英国・Blueberry Software社製ソフトの日本語版。

    設定・操作は簡単。録画の設定は、起動時に表示されるウェルカムウィンドウの指示に従って進めてゆけばよい。録画の実行はタスクバーなどから行える。録画の設定は、(1)ディスプレイの設定を選択、(2)サウンド設定を選択、(3)Webカメラの録画、(4)録画モード、(5)その他のオプション、(6)録画領域の選択、の順に行う。「Webカメラの録画」を有効にすると、デスクトップの録画中に、Webカメラの映像も同時に録画されるようになる。録画されたWebカメラ動画は別ウィンドウで再生できるほか、ピクチャインピクチャとして動画に埋め込むことも可能だ。

    「録画モード」は、Windows標準のAPIである「GDI」経由か、または「BB FlashBack」独自の「キャプチャドライバ」かを選択できる。キャプチャドライバは、独自の仮想ディスプレイドライバを使用して、描画リクエストそのものを取り込むもの。GDIよりも高速かつ高効率にキャプチャすることができる。

    「録画領域の選択」で設定できるのは「フルスクリーン」「(個別の)ウィンドウ」「(任意の矩形)領域」のいずれか。さらに「その他のオプション」では、録画中の解像度変更や生成される動画サイズの制限(録画時間/ファイルサイズによる制限)、Windowsの各種エフェクトの有効/無効、デスクトップアイコンの表示、キーストロークの記録、壁紙の無効化などを設定することが可能。マルチモニタ環境にも対応し、プライマリ/セカンダリモニタのいずれかを録画領域として選択できるようになっている。

    音声を取り込むことも可能。ソースにはマイクを指定することもできる。サンプリングレートやステレオ/モノラルを選択したり、MP3圧縮の使用を指定したりすることも可能だ。

    設定した内容は保存され、メニューから「クイックレコード」を選択すると、(前回のウィザードの設定またはオプションの設定を使用して)再設定の必要なく録画を実行できる。そのほか、録画した動画ファイルのメールソフトでの送信機能などもある。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    充実したバックアップ機能を搭載。データ保存を気にせず使える、リッチテキスト対応のメモソフト「メモ紙」
    充実したバックアップ機能を搭載。データ保存を気にせず使える、リッチテキスト対応のメモソフト
    「メモ紙」
    画像の先読みとOpenGL描画によって、たくさんの画像を快適に閲覧するための画像ビューア「QuickViewer」
    画像の先読みとOpenGL描画によって、たくさんの画像を快適に閲覧するための画像ビューア
    「QuickViewer」
    製品版から印章用フォントなどを割愛して手軽に利用できるようにした、高機能電子印鑑作成ソフトのフリー版「パパッと電子印鑑Free」
    製品版から印章用フォントなどを割愛して手軽に利用できるようにした、高機能電子印鑑作成ソフトのフリー版
    「パパッと電子印鑑Free」
    カレンダーでのスケジュール管理なども可能。GMailやiCloudなどと簡単に同期し、連携して使える高速電子メールソフト「eM Client」
    カレンダーでのスケジュール管理なども可能。GMailやiCloudなどと簡単に同期し、連携して使える高速電子メールソフト
    「eM Client」
    複数行にまたがる文字列の検索にも対応。正規表現とワイルドカードの併用も可能な高速・高機能grepソフト「TresGrep」
    複数行にまたがる文字列の検索にも対応。正規表現とワイルドカードの併用も可能な高速・高機能grepソフト
    「TresGrep」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    「パソコンの操作画面を動画としてキャプチャする」──やったことがない人には「いったい、なぜそんなことをするのか?」と、まったく理解できないかもしれないが、必要な人にとっては本当に大切な機能だ。例えば、アプリケーションの使用方法を説明する資料を作るような場合。静止画と文章で説明してもなかなか伝わらないことが、動画にすれば簡単に伝わってしまう。会社などでPowerPointによるプレゼンテーションを行う人にとっても、「高画質で簡単にパソコンの操作画面が取り込めれば……」と思うことは多いだろう。誰にでも必要というわけではないが、パソコンの操作画面を動画化するニーズは確実に存在する。

    だが、一見簡単に思えるこの作業、実は一般的な動画キャプチャに比べて、はるかにハードルが高い。パソコンの画面の解像度は、通常のSD解像度のビデオよりもはるかに高い。さらに動画の性質上、細かい文字などが読めなければ意味がないため、圧縮による画質劣化も許容されづらい。同じ機能を持つ多くのソフトは、ただ単にパソコンの画面を連続して取り込み、これをリアルタイムで圧縮しながらファイル保存するという単純な方法でキャプチャを行っていた。そのため転送速度が間に合わず、きれいなキャプチャができなかった。

    「BB FlashBack Express 日本語版」は、キャプチャ専用の仮想ディスプレイドライバと専用形式との組み合わせにより、この問題を鮮やかに解決した。実際、独自形式の再生では画質劣化はまったくといってよいほど感じられないし、さらにここから一般的な動画形式に変換する際でも、ゆっくり時間をかけてエンコードできるおかげで、画質劣化を少なくできる。パソコンの画面を動画化したい人にとって、まさに福音といってもよいソフトだ。

    (天野 司)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    「BB FlashBack Express 日本語版」は、英国・Blueberry Software社が開発した「BB FlashBack」の翻訳版です。翻訳はタンダコンピュータが行っています。「BB FlashBack」シリーズには3種類の形態があり、「BB FlashBack Express」は、その中のフリーライセンス版となります。そのほかに有料版として「BB FlashBack Standard」「BB FlashBack Pro」が用意されています。

    「BB FlashBack」の最大の特徴は、録画エンジンにキャプチャドライバモードを搭載している点です。一般的に画面録画ソフトというと、GDIモードもしくはDirectXモードを使用しているのが普通ですが、これらのモードを使用した録画では、アプリケーション(特に重いアプリケーション)を操作しながら録画モードに入ると、CPUに過大な負荷がかかり、マウスのスムーズな操作すらおぼつかなくなるのが現状です。これに対して「BB FlashBack」の録画エンジンは、Windowsのドライバ形式として画面遷移を記録していきますので、CPUへの負荷がほとんどかかりません。

    「BB FlashBack」の外部出力機能は、ムービーの再生時に特殊なコーデックのインストールを必要としません。したがって、再生するパソコンの環境によって動作が左右されるということがありません。AVIへの出力ひとつとっても、無圧縮出力以外にWindowsに標準搭載されているMicrosoft Videoなどのコーデックを使用することができます。「BB FlashBack」の外部出力オプションの一覧で多彩な機能をご確認ください。

    有料版の「BB FlashBack Pro」を使用すれば、「BB FlashBack」の持つムービー編集機能がすべてご利用になれます。映像は25フレーム/秒単位でのフレーム編集が可能で、ナレーションなどを録音したサウンドトラックとのシンクロを行うことができます。

    「BB FlashBack Standard」「BB FlashBack Pro」には、30日間限定の試用版も用意されていますので、Express版との機能の違いは直に手にとってご確認いただけます。3種類の「BB FlashBack」を1台のパソコンに同時インストールしても、それぞれ独立したアプリケーションとしてWindowsに登録されますので、インストール/アンインストール作業も個別に管理することができます。この機会にぜひ、すべての「BB FlashBack」シリーズをインストールして機能をお試しください。

    (タンダコンピュータ)

    ● BB FlashBack Express 日本語版 Ver.2.6.2.1192
  • 作 者 : タンダコンピュータ さん
  • 対応OS : Windows Vista/XP/2000
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://www.tandacomp.com/
  • 補 足 : 30日間の試用期間後にユーザ登録(無料)が必要。より高機能な有料版「BB FlashBack Standard 日本語版」「BB FlashBack Pro 日本語版」もある


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    現在公開ファイルがありません



    最近のレビュー記事
    Quick EyeQuick Eyenew!!Quick Eye
    さまざまな形式のファイルをスペースキーだけでプレビューできる、軽快動作の“クイックルックアプリケーション”
    ESET ファミリー セキュリティESET ファミリー セキュリティESET ファミリー セキュリティ
    実行中プログラムの「ふるまい」を監視し、問題のある挙動を通知する機能が追加された「ESET」の新バージョン
    PDFelement 6 ProPDFelement 6 ProPDFelement 6 Pro
    充実した注釈機能や使いやすいプロテクト機能を搭載。ファイルの編集・変換・最適化を一本で行える高機能PDF編集ソフト
    Iperius Backup FREEIperius Backup FREEIperius Backup FREE
    シンプルな画面ではじめてでも直感的に使える、“軽快”バックアップソフトのエントリーエディション
    Advanced SystemCare 11 PROAdvanced SystemCare 11 PROAdvanced SystemCare 11 PRO
    脆弱性の診断・修正もワンクリックで。システムの最適化や保護、スピードアップを手軽に行える“高速&快適化アプリ”
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年10月】

    窓フォト窓フォト
    “見たまま”を画像として取り込める。キャプチャ画像の編集・加工やGIFアニメの作成も可能な多機能スクリーンキャプチャ
    筆楽名人2018 for Win筆楽名人2018 for Win
    シンプルな操作画面ではじめてでも直感的に使える、“おしゃれ”な年賀状・はがき作成ソフト
    TextifyTextify
    ダイアログ内のテキストなど、通常はコピーできない文字列もコピー可能にするミニユーティリティ
    Driver Booster 5 PRODriver Booster 5 PRO
    アイドル時の自動インストールが可能に。100万以上のドライバーに対応する、簡単操作のドライバー更新ソフト
    FreeMoveFreeMove
    別ドライブへの移動にも対応。プログラムのインストールフォルダを、リンクを壊さずに移動できるソフト
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    「BB FlashBack Express 日本語版」と同じカテゴリーの他のレビュー

    レビュー記事一覧




    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.