その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2007.06.09 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > CrossOver Mac

CrossOver Mac

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
CrossOver Mac
Intel Mac上でWindowsアプリケーションを直接動かせるようにするソフト
Mac OS X  製品:試用可
CrossOver Mac
  • アプリケーション動作時の画面。複数のボトルにインストールしたものでも同時に利用できる

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • インストール画面。リストに含まれているソフトは推奨ボトルなどが示される
  • インストールしたソフトはFinderから見られる。ダブルクリックで起動することも可能

  • Intelプロセッサ搭載のマシンで、Mac OS XからシームレスにWindowsアプリケーションを利用できるようにするソフト。

    「CrossOver Mac」は、Mac OS XからWindowsアプリケーションをネイティブに動かせるようにするWindows互換レイヤ。Windowsの擬似環境下でWindowsのアプリケーションを動作させる。仮想マシンとは異なり、Windows OSがなくても動作する。

    Intel Mac上でWindows用アプリケーションを動作させるものとしては「BootCamp」「Virtual PC」「Parallels」などがある。いずれも、まずMac OS X上でWindowsを動作させ、その上でWindows用アプリケーションを動作させるもので、XPなりVistaなりのWindows OSが別途必要。“Windowsを動かす”ためのもので、直接Windowsアプリケーションを動作させることはできない。

    「CrossOver Mac」は、「Parallels」などのようにWindows OSを介さなくても、Windowsアプリケーションをネイティブに動作させることができる。「Windowsであるかのように見える擬似的な環境(ボトルと呼ばれる)」を用意し、その環境下でWindowsのソフトを動作させる。ボトルは、Windows XP/2000/98の各OSに対応する。複数のボトルを同時に利用・構築でき、例えば「98のボトル二つとXPのボトルひとつを同時に使う」といったことも可能だ。

    CD/DVDなどのAutorunにも対応する。「CrossOver Mac」を起動した状態で、Autorun付きのWindows用インストールCD/DVDを読み込むと、自動的に「ボトルの作成」と「インストール」を行える。Autorun非対応のCD/DVDの場合は、「CrossOver Mac」のウィンドウからインストーラを指定することでインストールできる。ボトルは、インストール時に新規作成できるほか、ほかのアプリケーション用のボトルを利用することも可能だ(相互に連携して動作するアプリケーションなどは、同じボトルにインストールする必要がある)。

    Officeなどの代表的なアプリケーションでは、使用するWindowsのバージョンがプリセットされており、自動的に最適なバージョンが選ばれる。リストにないアプリケーションの場合は、ユーザが自分でどのバージョンを使うか決めればよい(説明書によれば、できるだけ古いバージョンのWindowsを使うことが推奨されている)。

    インストールしたWindowsアプリケーションは、ユーザのアプリケーションフォルダにある「CrossOver」フォルダにアイコンが表示される。もちろん実際には、アプリケーションはボトルの中にインストールされているため、アイコン自体は単に起動するためのエイリアスでしかない。アイコンをダブルクリックすると、自動で「CrossOver Mac」が起動し、続いてWindows用アプリケーションが起動する。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    ダイアログ内のテキストなど、通常はコピーできない文字列もコピー可能にするミニユーティリティ「Textify」
    ダイアログ内のテキストなど、通常はコピーできない文字列もコピー可能にするミニユーティリティ
    「Textify」
    “見たまま”を画像として取り込める。キャプチャ画像の編集・加工やGIFアニメの作成も可能な多機能スクリーンキャプチャ「窓フォト」
    “見たまま”を画像として取り込める。キャプチャ画像の編集・加工やGIFアニメの作成も可能な多機能スクリーンキャプチャ
    「窓フォト」
    別ドライブへの移動にも対応。プログラムのインストールフォルダを、リンクを壊さずに移動できるソフト「FreeMove」
    別ドライブへの移動にも対応。プログラムのインストールフォルダを、リンクを壊さずに移動できるソフト
    「FreeMove」
    保存済みデータとの比較も可能な、結果を把握しやすいファイル比較ソフト「FolderDiff」
    保存済みデータとの比較も可能な、結果を把握しやすいファイル比較ソフト
    「FolderDiff」
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト「SSDブースター」
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
    「SSDブースター」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    とにかく手軽にWindows用アプリケーションを使えるようにしてくれるソフト。「Parallels」もよくできているのだが、はじめて使うときにはWindowsのインストールが必要だし、使い続けていくと本物のWindows同様にメンテナンスが必要になってくる。「BootCamp」にいたっては、使うためにいちいち再起動が必要だ。

    もちろん「互換性」という意味では「Parallels」や「BootCamp」の方に分がある。「Parallels」などのWindowsを動かすタイプの場合には基本的にはそのWindowsで動くアプリケーションはほぼ動くと思ってよい(DirectXのようにハードウェアに強く関わるものは例外)。一方「CrossOver Mac」は、Windowsそのものが動いてるわけではないため、対応リストにないアプリケーションは動かない可能性もある。

    実際、試したソフトの中にもインストール時に「必要ファイルがない」と表示されるものがあったが、ゲームなど一部のソフトを除けば、大部分は「CrossOver Mac」で動作するだろう。さらに、今後のバージョンアップによってどんどん対応アプリケーションが増え、互換性も高まるものと思われる。

    「CrossOver Mac」では、あくまでも動かすのに最低限の環境を擬似的に提供しているものなので、表示されるフォントが違ったりして画面イメージが違って見えたりすることもあるのだが、インストールも簡単だし起動も速い。いらなくなったら捨てるのも(ボトルさえ分けておけば)簡単にできる。ExcelやWordは大きめのアプリケーションだが、Windowsそのものに比べればちっぽけなものなので、必要とするMacの速度やメモリはParallelsなどと比較してずっと少なくてすむのも利点といえるだろう。

    (赤塚 一)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    「使いたいアプリケーションが使えないから……」──そんな理由で本当に使いたいOSを使えないなんて悲しいことですよね。いままでMacユーザが抱えてきた悩みと、Mac OSの普及を滞らせてきた問題を解決させたい!──ネットジャパンに潜む熱烈なMacファン社員による企画第2弾! それが「CrossOver Mac」です。

    最近、何かと仮想PCがブームですが、「CrossOver Mac」は仮想PCとはまったく異なったコンセプトの製品です。仮想PCはOSの中に別のOSをインストールしますが、「CrossOver Mac」は、Mac OS上でWindowsアプリケーションを動かしてしまおうという発想です。

    「CrossOver Mac」の導入には、Windowsは必要ありません。「CrossOver Mac」と、使用したいWindowsアプリケーションだけを用意すればすぐに導入が可能です。そのため、導入コストは仮想PCに比べ格段に低くなります。

    「CrossOver Mac」は、Windowsそのものではないため、アプリケーションによっては個別の調整が必要になります。現在のアプリケーションの動作状況は、弊社の運営するフォーラムから情報を得ることができます。

    http://crossovermac.jp/forum/
    また、今後の対応アプリケーションはユーザさまからのご意見にかかっています。ぜひ、弊社フォーラムをご活用ください。
    ((株)ネットジャパン)

    ● CrossOver Mac Ver.6.1
  • 作 者 : (株)ネットジャパン さん
  • 対応OS : Mac OS X
  • 種 別 : 製品:試用可
  • 作者のホームページ : http://www.netjapan.co.jp/r/
  • 補 足 : 試用期間は30日間


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    現在公開ファイルがありません



    最近のレビュー記事
    SterJo Startup PatrolSterJo Startup Patrolnew!!SterJo Startup Patrol
    新規アイテムの追加監視機能を備えた、シンプルなスタートアップ管理ソフト
    やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0
    OCRエンジン、画像補正エンジンを改善し、さらに精度を向上させた簡単・高機能な名刺管理ソフト
    わが家の家計簿 がまぐち君v4 Miniわが家の家計簿 がまぐち君v4 Miniわが家の家計簿 がまぐち君v4 Mini
    v4でグラフ機能を追加。強力な入力支援機能で快適に使える、シンプルな家計簿ソフト
    Ashampoo Photo Commander 16Ashampoo Photo Commander 16Ashampoo Photo Commander 16
    最高4Kまでの高解像度スライドショーの作成にも対応。スマートなインタフェースで使いやすい、高速表示の画像管理・編集ソフト
    DaigoDaigoDaigo
    ペアで登録した「トリガー」の入力で、事前登録済みの「単語」をサッと挿入できる、シンプルなスニペットツール
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年12月】

    Recover Keys 2Recover Keys 2
    ネットワーク経由でのMac用ソフトのキー抽出も可能に。9,000種類以上のソフトに対応する“プロダクトキー復元ソフト”
    Quick EyeQuick Eye
    さまざまな形式のファイルをスペースキーだけでプレビューできる、軽快動作の“クイックルックアプリケーション”
    ESET ファミリー セキュリティESET ファミリー セキュリティ
    実行中プログラムの「ふるまい」を監視し、問題のある挙動を通知する機能が追加された「ESET」の新バージョン
    PDFelement 6 ProPDFelement 6 Pro
    充実した注釈機能や使いやすいプロテクト機能を搭載。ファイルの編集・変換・最適化を一本で行える高機能PDF編集ソフト
    Iperius Backup FREEIperius Backup FREE
    シンプルな画面ではじめてでも直感的に使える、“軽快”バックアップソフトのエントリーエディション
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    「CrossOver Mac」と同じカテゴリーの他のレビュー

    レビュー記事一覧




    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.