その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2006.05.11 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > Dynamic Draw Professional

Dynamic Draw Professional

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
Dynamic Draw Professional
操作を記録してくれる履歴機能が付いた高機能ドローソフト
Windows XP/Me/2000/98/95/NT  フリーソフト
Dynamic Draw Professional
  • 履歴構造ビュー(画面右側)で文書の編集経過を遡って見ることができる

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 本格的なドロー機能でビジネス用のチャートなどを簡単に描ける
  • 図形に合わせてテキストを流し込めるなどの高い表現力を持つ

  • 文書の履歴管理機能を備えたユニークなドローソフト。

    「Dynamic Draw Professional」は、組織図やフローチャートのようなものを描くのに適したドロー系グラフィックソフト。直線や矩形、楕円などの描画ツールで図を描けるのはもちろん、履歴管理機能で文書の編集履歴が記録されるため、ある時点まで遡ってそのときの図を確認したり、そこを基点に別の図を描いたりといった使い方ができる。

    文書は「プロジェクト」という単位で管理される。プロジェクト内には「履歴文書」という形式の書類を複数作成できる。履歴文書は(一般的なイメージでいうところの)文書ファイルに相当する。

    履歴文書には編集操作が記録され、ユーザはいつでも「ある時点の文書」を呼び出せる。ある履歴文書をもとに他の履歴文書を作成した場合も、文書をツリー構造で管理できるようになっている(元になった履歴文書から新しい履歴文書が枝分かれするような形で階層的に表示される)。

    文書の階層構造を効率よく参照できるよう、描画エリアやツールパレットのほかに「履歴構造ビュー」という表示エリアが用意されている。履歴構造ビューには3種類の表示モードがあり、プロジェクト全体を見渡したり、特定履歴文書の内容を詳しく表示させたりといった使い分けが可能。履歴文書の内容を参照したり、検索を行ったりするための「History Manager」というツールも付属する。

    ドローソフトの基本機能としては、直線や矩形、楕円形といった基本的な図形(総称して「部品」と呼ばれる)の描画を行えるほか、付箋のような感じでテキストを入力できるラベル部品、表を作成するための表部品などが揃う。ユーザが作成した部品を登録して使うことも可能。部品には塗りつぶし色や輪郭線の線種、太さなどの属性を細かく指定できる。複数の属性を組み合わせて登録することも可能だ。

    図形の整列や重ね順の変更、編集エリアのグリッド表示やグリッドへの吸着、レイヤを使った描画などの機能を備え、本格的なドローソフトとなっている。

    テキスト関連機能も強力。ルーラを使ったインデントやタブの配置が可能なほか、図形部品の外形に合わせてテキストを流し込んだり、回転を指定できたりなど高い表現力を持つ。テキストの検索・置換機能も用意されている。正規表現による検索も行える。

    そのほかにも左利きユーザに配慮したキー割り当て変更「利き腕の設定」など、豊富な機能を備えている。プラグインによる拡張も可能だ。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    Windowsの標準機能を利用して、システムドライブのメンテナンスを手軽に行えるミニユーティリティ「Windows System Checker」
    Windowsの標準機能を利用して、システムドライブのメンテナンスを手軽に行えるミニユーティリティ
    「Windows System Checker」
    堅牢なrobocopy.exeをわかりやすいGUIで使える。自動繰り返し設定も簡単なフォルダ単位のバックアップソフト「FolderRobo」
    堅牢なrobocopy.exeをわかりやすいGUIで使える。自動繰り返し設定も簡単なフォルダ単位のバックアップソフト
    「FolderRobo」
    56,000以上の漢字を、読み・部首・総画数で探してWordなどに貼り付けられる、異体字対応の漢字検索ソフト「漢字博士 漢太郎」
    56,000以上の漢字を、読み・部首・総画数で探してWordなどに貼り付けられる、異体字対応の漢字検索ソフト
    「漢字博士 漢太郎」
    “本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ「モニカ」
    “本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ
    「モニカ」
    「共通鍵」「公開鍵」の両暗号化方式に対応。手軽に使える、高速・高機能なファイル/フォルダ暗号化ソフト「FileCapsule Deluxe Portable」
    「共通鍵」「公開鍵」の両暗号化方式に対応。手軽に使える、高速・高機能なファイル/フォルダ暗号化ソフト
    「FileCapsule Deluxe Portable」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    単なるドローソフトとして見てもかなり強力だが、履歴文書という考え方を取り入れたことで、独自の個性が一層光るツールになっている。例えば、情報を整理したり考えをまとめていったりする過程で、いろいろな図を描いてみる人も多いだろうが、「Dynamic Draw Professional」を使えばその過程をすべて残しておくといったことも簡単にできる。あるプランが時間を経てAからBという形へ変化する様子を、すべて図として残せるので、発生した問題に対してどのように対処していったかといった具体的なイメージがさらに掴みやすくなるだろう。

    また、思考をまとめ上げてゆく途中でも、「そのときなぜそう考えたのか」を数ステップ遡って振り返るといった使い方ができる。いわば「グラフィカルなアイデアプロセッサ」といったところだろうか。

    ただし、これらの特徴を実現するための文書ファイルに関する考え方は、このソフト独自のものとなっており、その点は注意が必要だ。プロジェクトと履歴文書の関係、履歴文書と他の履歴文書の関係などをある程度理解しておかないと、本来の魅力をうまく引き出せずに終わってしまう可能性もありそうだ。

    アーカイブにはProfessional版ではないただの「Dynamic Draw」も含まれているので、まずこちらで描画機能の使い方になじんでから「Professional」の方へステップアップするのもよいのではないだろうか。

    (福住 護)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    私はプログラムを作る仕事に携わっているのですが、大きなプログラムを作っていると、前に作った部分のことを忘れてしまうことあります。過去に作ったプログラムをレビューしていて「何でこうなってるんだろう。ここは、こう作った方がいいのに」と修正し、それで不具合が生じて「あぁ、前にも同じ失敗をしたから、こう作ったんだ!」と思い出すことがよくあります。もし、仕様書に「なぜ、どういう過程を経ていまの形になったのか」が記載されていれば、同じ失敗を繰り返さずに済むし、プログラムを理解するのにとても役に立ちます。もちろん他人に仕事の引き継ぎをするときにも便利に使えます。

    ですが、こういった情報はあとから仕様書に記述できるものではなく、作る過程を記録するしかありません。

    そこで、

    • 試行→失敗→試行→失敗の階層構造を含めて、ユーザの作業がすべて文書に記録されること
    • 文書から、過去から現在に至るいつの時点のイメージも取り出せること
    • 文書中を時間を越えて検索し、知りたい修正個所の時間・座標が取得できること
    • 作業過程を記録することが面倒でないよう、すばやく入力できるインタフェースを備えること
    そんな仕様作成ツールを作ることにしました。

    開発中に苦労した点
    文書はネットワークで共有できるのですが、同時に書き込みや読み出しをした場合の、排他制御に苦労しました。ツールボタンをなるべく増やさずに、機能を充実させることに苦労しました。

    ユーザにお勧めする使い方
    開発や研究、分析の仕事をしている方に、そのプロセスを記述するような使い方をしてもらいたいです。もちろん、図や絵を描くだけでも、以前の絵が取り出せるので便利に使えます。

    今後のバージョンアップ予定
    とりえあず、バグが出たらすぐ更新します。機能アップに関しては少し時間を置いてから考えます。

    (福代 昌之)
    最近のレビュー記事
    Ashampoo ZIP Pro 2Ashampoo ZIP Pro 2new!!Ashampoo ZIP Pro 2
    暗号化・署名によるファイルの保護やクラウドサービスへのアクセスなどにも対応した“統合型”圧縮・解凍ソフト
    ホームポジションキーパーホームポジションキーパーホームポジションキーパー
    ホームポジション内の40キーですべてのキー入力を行えるようにする、ユニークなキー割り当て変更ソフト
    SSDブースターSSDブースターSSDブースター
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
    練馬練馬練馬
    二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト
    Acronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 Standard
    AI技術でランサムウェア対策機能を強化。増分/差分バックアップの高速化も図られた“定番”個人向けバックアップソフト
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年9月】

    自作のゲーム、実用ソフト、スマホアプリなど、注目の作品が登場する、プログラミング環境「HSP」の祭典
    「HSPプログラムコンテスト2017」
    応募作品受付中!

    ToMoClipToMoClip
    柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト
    Excel便利機能ボタン集2Excel便利機能ボタン集2
    カレンダーやガントチャートも簡単に作れる。Excelに便利な機能を追加できるアドインの第二弾
    AnyTransAnyTrans
    AndroidデータのiOSデバイスへの引っ越し機能を新搭載。iOS 11/iPhone 8にも対応した“定番”iOSデータ管理・転送ソフト
    TresGrepTresGrep
    複数行にまたがる文字列の検索にも対応。正規表現とワイルドカードの併用も可能な高速・高機能grepソフト
    すごい位置合わせPRO10すごい位置合わせPRO10
    文字入力枠を簡単に作れる「AI手書き枠認識」機能が追加された、印刷位置合わせソフトの新バージョン
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    「Dynamic Draw Professional」と同じカテゴリーの他のレビュー

    レビュー記事一覧



    ● Dynamic Draw Professional Ver.4.0 A1 Beta8
  • 作 者 : 福代 昌之 さん
  • 対応OS : Windows XP/Me/2000/98
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://www.dynamicdraw.com/jp/


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    DD Thought Tickler 5.7.0 作者の思考過程を記録するアイディアプロセッサ 研究・開発の過程記録に最適 (30,618K)



    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.