その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2004.05.15 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > CINEMA CRAFT ENCODER Basic

CINEMA CRAFT ENCODER Basic

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
CINEMA CRAFT ENCODER Basic
高画質かつ高速なエンコードを行えるソフトウェアMPEGエンコーダ
Windows XP/Me/2000/98/NT  製品:試用可
CINEMA CRAFT ENCODER Basic
  • エンコード設定画面。ファイルサイズからビットレートを逆算できる

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 数ファイルを一気にエンコードするバッチエンコードも可能
  • ビデオ設定画面。エンコードパラメータは非常に詳細だ

  • 動画ファイルを、Video CDやDVD-Videoなどで使われるMPEG-1/2形式のファイルにエンコードするソフトウェアMPEGエンコーダ。出力形式はMPEG-1/2に限られるが、その代わり高画質かつ高速なエンコードを行えることが特徴。

    「CINEMA CRAFT ENCODER Basic」は、DVD制作などの業務用途向けに開発された高画質MPEGエンコーダ「Cinema Craft Encoder(CCE)」を、個人ユーザでも利用できるように機能を限定し、低価格化した製品。最新版となるVer.2.69では、心臓部にあたるエンコーダエンジンが一新され、機能追加により、さらに使いやすくなった。

    新バージョンで追加された機能では、特にDVD作成に便利なものが目立つ。例えば、「フレームサイズ、フレームレート変換」機能は、DVD-Video/Video CD/Super Video CDの各規格に適合するよう、動画パラメータを自動的に変換するもの。DVDやVideo CDの場合、再生機器の互換性を確保するためにフレームサイズ、フレームレート、音声パラメータなどには厳密な規定があるが、「CINEMA CRAFT ENCODER Basic」では、エンコード元となる動画のパラメータがこの規格から外れる場合にも、規格に適合するよう自動的にフォーマット変換を行ってくれる。

    ビットレートの設定では、目標とする出力ファイルサイズを指定することで、自動的にビットレートを逆算する機能を搭載。ファイルサイズが限られているDVDの作成には便利な機能だ。

    エンコード元となる動画に対して、上下左右の各辺を任意のライン分だけ「黒塗り」する機能も追加された。ビデオデッキやキャプチャボードの種類によっては、画面の上下左右にノイズが発生することがあるが、これを黒塗りすることで、再生時に邪魔なノイズを取り除ける。また、ノイズ分がエンコードされなくなるため、同じビットレートでも、結果的にエンコード後の画質が向上する。

    従来より定評のある画質についても強化が図られている。「独自アルゴリズムによる広範囲の動き検出」や、シーンの切り替わりを自動的に判別してIフレームを挿入する「自動シーンチェンジ検出機能」などを利用できるのはもちろん、2パスVBR(可変ビットレート圧縮)エンコードや、GOP構造(M/N)のカスタマイズ、Closed GOPの生成などを細かく調整できる。量子化特性(Q値)の調整や、ソース動画のインターレース解除、Bottom Field優先の出力といったことも可能だ。

    ユーザインタフェースでは、入出力ファイルのフレームサイズやフレームレートの表示機能が追加された。そのほかにも、最後に使ったパラメータの自動保存機能、エンコード終了後のWindowsシャットダウンなどが新機能として加わった。「Adobe Premiere」用プラグインは、新バージョン「Adobe Premiere Pro」に正式対応。「Adobe Premiere Pro」から直接、MPEG出力を行えるようになった。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    Windowsの標準機能を利用して、システムドライブのメンテナンスを手軽に行えるミニユーティリティ「Windows System Checker」
    Windowsの標準機能を利用して、システムドライブのメンテナンスを手軽に行えるミニユーティリティ
    「Windows System Checker」
    堅牢なrobocopy.exeをわかりやすいGUIで使える。自動繰り返し設定も簡単なフォルダ単位のバックアップソフト「FolderRobo」
    堅牢なrobocopy.exeをわかりやすいGUIで使える。自動繰り返し設定も簡単なフォルダ単位のバックアップソフト
    「FolderRobo」
    56,000以上の漢字を、読み・部首・総画数で探してWordなどに貼り付けられる、異体字対応の漢字検索ソフト「漢字博士 漢太郎」
    56,000以上の漢字を、読み・部首・総画数で探してWordなどに貼り付けられる、異体字対応の漢字検索ソフト
    「漢字博士 漢太郎」
    “本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ「モニカ」
    “本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ
    「モニカ」
    「共通鍵」「公開鍵」の両暗号化方式に対応。手軽に使える、高速・高機能なファイル/フォルダ暗号化ソフト「FileCapsule Deluxe Portable」
    「共通鍵」「公開鍵」の両暗号化方式に対応。手軽に使える、高速・高機能なファイル/フォルダ暗号化ソフト
    「FileCapsule Deluxe Portable」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    前回「CINEMA CRAFT ENCODER Basic(CCE Basic)」を取り上げた際は、「業務用エンジンをそのまま一般向けの価格の製品に搭載したことは、「反則」と言ってもいいくらいだ」と書いた。それから約1年経ったいまでも、やはり「CCE」は高画質かつ高速なMPEGエンコーダとして、いまだ第一線の実力を備えた存在だ。ただ「CCE」を取り巻く状況は1年前と比べると大きく変化した。当時、MPEG-1/2といえば、Video CDやDVDでの利用はもとより、パソコン上での高画質な再生用としても、まだまだ重要な位置を保っていた。

    しかし、現在ではどうだろう。パソコン上での再生では高圧縮が必要な場合はもとより、高画質な再生が必要とされる場合でさえWMVやDivXといったフォーマットが使われるようになっている。単純にパソコン上で利用するだけなら、圧縮コーデックとして敢えてMPEG-1/2を選択する必要性はかなり減少してきた。

    では、MPEG-1/2が不要になったかといえば、決してそんなことはない。というのは、AV機器、特にDVDではコーデックとしてMPEG-2が使われる。しかも、パソコン上でDVDの作成が行える「書き込み型DVDドライブ」は低価格化が進み、もはやエントリークラスのマシンでもDVD書き込みが行えるほど。つまりMPEGコーデックは、以前に比べるとDVD作成向けに比重が移っただけで、相変わらず必要とされているのである。

    こうした状況を考えると、今回紹介した「CCE Basic」の強化ポイントが自然に納得できるものと思えないだろうか? 特に、DVD規格を強く意識して動画パラメータを自動的に変換できる機能や、目的とするサイズを指定してビットレートを決定する機能などは、DVD作成にはとても便利だ。

    通常、DVDオーサリングソフトにはMPEGエンコード機能は必ず搭載されている。しかし、画質を重視する人にとっては「CCE」のような高画質エンコーダはやはり魅力だ。オーサリングソフトとは別にエンコーダを利用するのは面倒に思えるかもしれないが、「CCE Basic」のエンコード速度を考えれば、結果的に内蔵エンコーダを利用するよりも短時間でDVDができあがるのだから、なおさらだ。

    (天野 司)

    最近のレビュー記事
    ホームポジションキーパーホームポジションキーパーnew!!ホームポジションキーパー
    ホームポジション内の40キーですべてのキー入力を行えるようにする、ユニークなキー割り当て変更ソフト
    SSDブースターSSDブースターSSDブースター
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
    練馬練馬練馬
    二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト
    Acronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 Standard
    AI技術でランサムウェア対策機能を強化。増分/差分バックアップの高速化も図られた“定番”個人向けバックアップソフト
    ToMoClipToMoClipToMoClip
    柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年9月】

    自作のゲーム、実用ソフト、スマホアプリなど、注目の作品が登場する、プログラミング環境「HSP」の祭典
    「HSPプログラムコンテスト2017」
    応募作品受付中!

    Excel便利機能ボタン集2Excel便利機能ボタン集2
    カレンダーやガントチャートも簡単に作れる。Excelに便利な機能を追加できるアドインの第二弾
    AnyTransAnyTrans
    AndroidデータのiOSデバイスへの引っ越し機能を新搭載。iOS 11/iPhone 8にも対応した“定番”iOSデータ管理・転送ソフト
    TresGrepTresGrep
    複数行にまたがる文字列の検索にも対応。正規表現とワイルドカードの併用も可能な高速・高機能grepソフト
    すごい位置合わせPRO10すごい位置合わせPRO10
    文字入力枠を簡単に作れる「AI手書き枠認識」機能が追加された、印刷位置合わせソフトの新バージョン
    筆王 Ver.22 ダウンロード版筆王 Ver.22 ダウンロード版
    使いやすい「素材パレット」を搭載。顔に犬のパーツを合成できる「おもしろ顔スタンプ」が追加された「筆王」の新バージョン
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    レビュー記事一覧



    ● CINEMA CRAFT ENCODER Basic Ver.2.69
  • 作 者 : (株)ノバック さん
  • 対応OS : Windows XP/Me/2000/98/NT
  • 種 別 : 製品:試用可
  • 作者のホームページ : http://www.novac.co.jp/
  • 補 足 : トライアル版の試用期間は30日間。3分以上のMPEGファイルを作成できないなど、一部制限がある


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    製品(6,090円)
    CINEMA CRAFT ENCODER Basic トライアル版 2.69 CCEシリーズの実績と信頼の高画質・高性能ソフトウェアMPEGエンコーダー (1,825K)



    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.