その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2003.09.17 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > Before Power Off

Before Power Off

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
Before Power Off
デフラグなどを実行後に、マシンの電源を自動で落としてくれるユーティリティ
Windows XP/Me/2000/98/95/NT  フリーソフト
Before Power Off
  • 3種類のシステムツールが登録済み。個別にテスト実行させることも可能

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 任意コマンドの実行も可能。ドラッグ&ドロップで簡単に登録できる
  • ユーザの利用環境により、2タイプの終了コマンドが用意されている

  • ディスククリーンアップやデフラグといったWindowsのディスク管理ツールを実行したあとに、パソコンの電源を落としてくれる終了時自動処理ソフト。あらかじめメニューに登録されたWindowsのシステムツールのほかに、任意のコマンドを実行させることも可能。

    Windows終了までのスケジュールとして設定できるのは、Windowsのシステムツール「ディスククリーンアップ」「スキャンディスク」「デフラグ」と、ユーザが指定する「任意のコマンド」。スキャンディスクでは、標準/完全と、すべてのドライブ/個別ドライブの指定を、またデフラグでは、ファイルの最適化/空き領域の最適化/両方の最適化といった実行時オプションの指定を「Before Power Off」の設定画面で行える。Windowsを終了させる代わりに「サスペンド」「休止状態」を指定することも可能だ。

    三つのシステムツールはあらかじめ登録されている。「任意のコマンド」の登録は、ダイアログからファイルを指定する方法のほか、ファイルをドラッグ&ドロップすることでも行える。もちろんオプションスイッチを指定することが可能。スケジュール登録してあるイベントも、「保留」指定をすることで一時的に実行しないようにできる。イベントの実行順序は簡単に変更できる。

    登録したイベントは個別に「テスト実行」で動作確認することが可能。最後に電源を落とす場合は、2種類のタイプが用意されており、使用しているパソコンに合ったタイプを「テスト実行」で確認して、スケジュールに登録すればよい。

    設定されたスケジュールの内容は、「BPO.dat」というファイル名で保存される。datファイルを直接指定して「Before Power Off」を実行することも可能で、datファイルをパラメータ指定したショートカットを用意すれば、複数の終了パターンを使い分けることも可能だ。実行結果はログファイル「BPOLog.txt」に記録される。ログファイルの保存方法は、「ログを出さない」「ログファイルごと上書き」「既存のログファイルに追加書き出し」の3種類から選択できる。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    Windowsの標準機能を利用して、システムドライブのメンテナンスを手軽に行えるミニユーティリティ「Windows System Checker」
    Windowsの標準機能を利用して、システムドライブのメンテナンスを手軽に行えるミニユーティリティ
    「Windows System Checker」
    堅牢なrobocopy.exeをわかりやすいGUIで使える。自動繰り返し設定も簡単なフォルダ単位のバックアップソフト「FolderRobo」
    堅牢なrobocopy.exeをわかりやすいGUIで使える。自動繰り返し設定も簡単なフォルダ単位のバックアップソフト
    「FolderRobo」
    56,000以上の漢字を、読み・部首・総画数で探してWordなどに貼り付けられる、異体字対応の漢字検索ソフト「漢字博士 漢太郎」
    56,000以上の漢字を、読み・部首・総画数で探してWordなどに貼り付けられる、異体字対応の漢字検索ソフト
    「漢字博士 漢太郎」
    “本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ「モニカ」
    “本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ
    「モニカ」
    「共通鍵」「公開鍵」の両暗号化方式に対応。手軽に使える、高速・高機能なファイル/フォルダ暗号化ソフト「FileCapsule Deluxe Portable」
    「共通鍵」「公開鍵」の両暗号化方式に対応。手軽に使える、高速・高機能なファイル/フォルダ暗号化ソフト
    「FileCapsule Deluxe Portable」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    パソコンを使っていると、処理が終わるまで「ぼ〜」っと待っているしかない、というときがある。デフラグなどはその典型だろう。ディスクアクセスが頻繁にかかっているし、その間に別の処理をするのはちょっと不安だ。

    「Before Power Off」は、こんなときに大変便利なソフトだ。システムツールの実行と、実行後の電源オフを行ってくれるのは大変ありがたい。デフラグなどは、定期的に行った方がよいとわかっていても、なかなか実行するタイミングがとれない人も多いだろう。ハードディスクの容量が増え、デフラグの実行時間もかかる昨今では、昼休みや会議前に実行しても、戻ってくるときまでに終了できないこともある。「Before Power Off」の場合、電源オフまで一括してにおまかせできるので、ユーザの方は一足先にパソコンの前から解放され、待たされる時間がなくなる。

    時間の問題ばかりではなく、終了時にファイルのバックアップやサーバとの同期を取るという使い方もある。Windows終了時にサーバにワークの内容をコピーしておくとか、複数のパソコンやノートを併用する場合にも「終了時の自動処理」はなかなか便利な機能だと思う。

    なお、Windows 2000の場合、「Before Power Off」でデフラグを行う場合は、同じ作者の「Auto Defrag 2000」を組み合わせて使用すればよい。

    (呉 真)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    1998年冬のある日、メールチェックが終わり、私は買い物に行こうとしていた。さらにパソコンのデフラグをしばらくしていなかったので、それをやろうと思っていた。「そんなに長い時間いなくなるわけではないので、パソコンはつけっぱなしにしてデフラグを実行させておこう」と考え、デフラグを起動した。しかし「待てよ。パソコンをつけっぱなしにするなんて電気も電気代ももったいないではないか。私には「Multi Function Alarm」というパソコンの停止をするソフトがあるんだから、それを使えばいいじゃないか」と考え、「Multi Function Alarm」も起動した。「パソコンの停止」を選択し停止する時刻を設定しようと思ったその瞬間、私の手が止まった。「せ、設定できない。いつデフラグが終わるかわからないではないか」

    開発中に苦労した点
    開発するためには条件が三つある。

    1. デフラグがバッチで実行できること
    2. プログラムがデフラグの実行を監視できること
    3. プログラムでパソコンの停止ができること
    1.の問題に関してはデフラグに /noprompt を付けて起動してやればokということを発見していた。2.の問題はプロセスの監視方法が必要であるが、「Screen Saver Stopper」の中で解決済であった。3.の問題はすでに「Multi Function Alarm」の中で解決済みであった。

    ユーザにお勧めする使い方
    そもそもは時間のかかる処理をまとめてやるにはいつがいいかを考え、パソコンの電源を常に入れておくのでなければ、電源を切るときしかないと考えていました。なるべくそのときに時間のかかる処理をやってしまいましょう。ただし、ソフトによって起動から終了までをコマンドで行えるかどうかは、その開発元でなければわかりません。この点を理解して、各ソフトの問題を決して私には質問しないでください(過去の質問の8割がそういう質問でした)。

    今後のバージョンアップ予定
    もう公開してから5年半が経っている古いソフトなので、大幅なバージョンアップはないでしょう。

    (杉山 利幸)
    最近のレビュー記事
    Ashampoo ZIP Pro 2Ashampoo ZIP Pro 2new!!Ashampoo ZIP Pro 2
    暗号化・署名によるファイルの保護やクラウドサービスへのアクセスなどにも対応した“統合型”圧縮・解凍ソフト
    ホームポジションキーパーホームポジションキーパーホームポジションキーパー
    ホームポジション内の40キーですべてのキー入力を行えるようにする、ユニークなキー割り当て変更ソフト
    SSDブースターSSDブースターSSDブースター
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
    練馬練馬練馬
    二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト
    Acronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 Standard
    AI技術でランサムウェア対策機能を強化。増分/差分バックアップの高速化も図られた“定番”個人向けバックアップソフト
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年9月】

    自作のゲーム、実用ソフト、スマホアプリなど、注目の作品が登場する、プログラミング環境「HSP」の祭典
    「HSPプログラムコンテスト2017」
    応募作品受付中!

    ToMoClipToMoClip
    柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト
    Excel便利機能ボタン集2Excel便利機能ボタン集2
    カレンダーやガントチャートも簡単に作れる。Excelに便利な機能を追加できるアドインの第二弾
    AnyTransAnyTrans
    AndroidデータのiOSデバイスへの引っ越し機能を新搭載。iOS 11/iPhone 8にも対応した“定番”iOSデータ管理・転送ソフト
    TresGrepTresGrep
    複数行にまたがる文字列の検索にも対応。正規表現とワイルドカードの併用も可能な高速・高機能grepソフト
    すごい位置合わせPRO10すごい位置合わせPRO10
    文字入力枠を簡単に作れる「AI手書き枠認識」機能が追加された、印刷位置合わせソフトの新バージョン
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    レビュー記事一覧



    ● Before Power Off Ver.1.40
  • 作 者 : 杉山 利幸 さん
  • 対応OS : Windows XP/Me/2000/98/95/NT
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://member.nifty.ne.jp/T_sugiyama/


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    Before Power Off 2.00 スキャンディスクとデフラグ等をパソコンにやらせてから自動で電源をoffする (54K)



    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.