その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2002.07.27 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > マキュ(魔球)ワイヤ 2000

マキュ(魔球)ワイヤ 2000

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
マキュ(魔球)ワイヤ 2000
魔球を投げるピッチャーとの勝負が熱い1次元野球ゲーム
Windows 95/NT  フリーソフト
マキュ(魔球)ワイヤ 2000
  • ピッチャーの投げた球をタイミングよく打って高得点を狙うシンプルなゲーム

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • リプレイでは、1球ごともしくは全部の球を連続して再生できる
  • ペナントモードでは最大10人までのプレイヤーで順位を競い合える

  • とんでもなく多彩な魔球を投げ分けるピッチャーと勝負し、高得点を目指す野球ゲーム。

    「マキュ(魔球)ワイヤ 2000」は、コンピュータが操るピッチャーの投げた球を、プレイヤーの操作するバッターが打つという非常にシンプルなゲーム。インターネットランキングに対応しており、見知らぬ人とスコアを競うことができる。

    1回の勝負は10球。遊び方はスペースキー(【Enter】キーやマウスの左クリックでも可)を押してピッチャーの投げた球をタイミングよく打ち返すだけ。得点はホームランなら100点、見逃しや空振りは0点、ヒットは打ったときのタイミングに応じて点数が入る。各勝負の10球目にはチャンスボールが投げられ、ホームランが200点など、通常よりも高い得点が入る。ただし、打ち損じると減点されるため、高得点を狙うためには非常に重要なポイントとなる。

    ピッチャーの投げる球は全部で378種類。途中で球速の変わる球といった比較的まともな(?)魔球をはじめとして、途中でいったん停止したりワープする魔球、そしてそれらの効果が複雑に組み合わされた魔球などが次々に登場する。

    ゲームモードは、一人でプレイする「個人戦モード」のほか、最大10人までのユーザで試合数を決めて総合得点のランキングを競い合える「ペナントモード」、任意の球種を選んで打つタイミングを研究できる「特訓モード」の3種類。加えて、投げる球種や頻度を割り振ってオリジナルのピッチャーを作成できる「ピッチャーエディタ機能」と、作成されたデータを元に対戦する「オリジナルピッチャーモード」が用意されている。強いピッチャーが作成できたら、データを作者のホームページで公開することも可能だ。再生速度が選べる「リプレイ」機能も搭載されているので、リプレイファイルを保存しておけば、いつでも見直せる。

    個人戦モードでは、ピッチャーの投げる球種を調整できる9段階のレベルが用意されている。レベルが上がるにつれ、どんどんと意地の悪い球が投げられる。レベル6以上は、それぞれに定められた特定の条件をクリアすることで、プレイできるようになる。

    そのほか、無料のユーザ登録を行うことで、作者のホームページで行われているインターネットランキングにも参加できる。上位20位が公開されているレベル別ランキングでは、リプレイデータをダウンロードできる。


    reviewer's EYE reviewer's EYE
    飛んでくる球に合わせてキーボードを押すだけの非常にシンプルなゲームだが、これが意外に病みつきになる。「特訓モード」でプレイしてみると具体的にわかるが、ボールをきれいに打ち返せるレンジがかなりシビアでなかなか思うように得点を稼げないのだ。これが非常に悔しくてついつい熱くなりハマってしまう。ひと勝負が10球と、勝負のペースが速いのもハマり易い理由のひとつだ。短時間に何度も繰り返し勝負できるのでついつい意地になってプレイしてしまう。ちょっとした空き時間に楽しむことができる軽めのゲームを探している人にはお薦めのゲームだ。

    一人で遊ぶのはもちろん、会社や学校などで休み時間に仲間と遊ぶのにもよい。単純に一発勝負で「個人戦モード」のプレイヤー名を切り替えながら得点を競い合ってもよいし、試合数を決めて「ペナントモード」で他のプレイヤーの得点状況を見ながら追いつ追われつのゲームを楽しむのもよいだろう。用事があって途中で席を離れなくてはいけないプレイヤーがいる場合スキップして後でその分をプレイできるなど、システムも非常によく考えられている。

    (秋山 俊)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    VBの勉強がてら何かを作ろうと思ったときに、一緒に遊んでいる仲間の要望もあって開発をしようと思い、作りはじめました。

    開発中に苦労した点
    使用環境の違うユーザに同じ環境でゲームをしてもらうことが難しかったです。ピッチャーの投げる球が、マシン性能の違いで変わっては意味がないですからね(笑)。それと、なかなかやりたいことが言語の性質上、できなかったりしたのにも苦労しました。

    お勧めする遊び方
    一人で遊ぶモードでSランクを目指すのもよいですが、やはり仲間同士で「ペナントモード」をやることをお勧めします。
    実力の違うユーザ同士でもプレイできるようにハンデ機能が付いていたり、最後まで飽きさせない、さまざまな工夫がされています。

    今後のバージョンアップ予定
    かなりバージョンアップを繰り返したので、こまめなバージョンアップはあまりないかもしれませんが、さらに便利な機能や、ユーザの要望に応えられるような機能を追求していきたいと思っています。

    (batch)
    最近のレビュー記事
    Ashampoo ZIP Pro 2Ashampoo ZIP Pro 2new!!Ashampoo ZIP Pro 2
    暗号化・署名によるファイルの保護やクラウドサービスへのアクセスなどにも対応した“統合型”圧縮・解凍ソフト
    ホームポジションキーパーホームポジションキーパーホームポジションキーパー
    ホームポジション内の40キーですべてのキー入力を行えるようにする、ユニークなキー割り当て変更ソフト
    SSDブースターSSDブースターSSDブースター
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
    練馬練馬練馬
    二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト
    Acronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 Standard
    AI技術でランサムウェア対策機能を強化。増分/差分バックアップの高速化も図られた“定番”個人向けバックアップソフト
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年9月】

    自作のゲーム、実用ソフト、スマホアプリなど、注目の作品が登場する、プログラミング環境「HSP」の祭典
    「HSPプログラムコンテスト2017」
    応募作品受付中!

    ToMoClipToMoClip
    柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト
    Excel便利機能ボタン集2Excel便利機能ボタン集2
    カレンダーやガントチャートも簡単に作れる。Excelに便利な機能を追加できるアドインの第二弾
    AnyTransAnyTrans
    AndroidデータのiOSデバイスへの引っ越し機能を新搭載。iOS 11/iPhone 8にも対応した“定番”iOSデータ管理・転送ソフト
    TresGrepTresGrep
    複数行にまたがる文字列の検索にも対応。正規表現とワイルドカードの併用も可能な高速・高機能grepソフト
    すごい位置合わせPRO10すごい位置合わせPRO10
    文字入力枠を簡単に作れる「AI手書き枠認識」機能が追加された、印刷位置合わせソフトの新バージョン
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    レビュー記事一覧



    ● マキュ(魔球)ワイヤ 2000 Ver.1.28
  • 作 者 : batch さん
  • 対応OS : Windows 95/NT
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://batch-vo.cool.ne.jp/
  • 補 足 : 動作にはVB5.0(SP3)ランタイムが必要


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    マキュ(魔球)ワイヤ 2000 単純故に熱くなる1次元野球ゲーム インターネットランキングもあり! 



    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.