バッチファイルユーティリティ

バッチファイルを効率的に記述するためのコマンド


ソフト詳細説明

バッチファイルユーティリティには以下の特長があります。

・バッチファイルのラベルを一つのタスクとして見なして、タスク間の関係性を明示的に記述することができます。

・タスクは".t@sk"という拡張子のファイルに記述します。このファイルをタスクファイルと呼びます。タスクファイルの標準ファイル名は"task.t@sk"です。

・タスクファイルを実行するには以下の方法があります。
1)エクスプローラから、タスクファイルを実行する。
2)コマンドプロンプトから、タスクファイルを実行する。
3)コマンドプロンプトから、タスクファイルをバッチファイルに変換してから、バッチファイルを実行する。

・タスク間の関係性以外はバッチファイルの記述方法と同じです。タスクの実行・判定のためのコマンドが用意されています。

動作環境

バッチファイルユーティリティの対応動作環境
ソフト名:バッチファイルユーティリティ
動作OS:Windows 8/7/Vista/XP
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 山本 泰三 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

コマンド  効率  バッチ  記述 


「バッチ用」カテゴリーの人気ランキング

  1. EasyBAT BATファイルのような自動化プログラムをGUIで簡単に作成・実行できる(ユーザー評価:0)
  2. Batch File Builder for WinRAR WinRARのバッチファイルを簡単に作成(ユーザー評価:0)
  3. 並列処理でバッチ処理を高速化するツール MPX 既存のバッチ処理をマルチタスク化しスループットの向上に役立てることが出来る(ユーザー評価:0)
  4. バッチファイルユーティリティ バッチファイルを効率的に記述するためのコマンド(ユーザー評価:0)
  5. DirectBeep 任意の周波数のBeep音を任意の時間に鳴らすコンソールアプリ(ユーザー評価:0)

「バッチ用」カテゴリのソフトレビュー

  • EasyBAT 1.0.0.1 - わかりやすい日本語の“命令”を追加・編集して作成できる、手軽な自動化プログラム作成・実行ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック