くりぬき

ウィンドウの一部分だけをくりぬいて表示 仮想画面機能付き


ソフト詳細説明

「くりぬき」は、ウィンドウの一部だけをくりぬいて表示するツールです。例えば、リアルタイムに情報が変化するウィンドウの一部分だけを常に表示しておきたいと思った時に、「くりぬき」を使用することができます。

使用例:FXの取引画面の為替レートだけを常に表示しておく、など。

また、「くりぬき」は4個の仮想画面を使用することもできます。例えば、メインの作業画面と「くりぬき」を表示する画面を分けたい場合に、仮想画面を使用することができます。

利用条件・試用期間中の制限など

「くりぬき」はシェアウェアです(試用期間:30日間)。
30日を経過しても機能制限はございませんが、ライセンスキーの入力を求めるダイアログが表示されるようになります。

動作環境

くりぬきの対応動作環境
ソフト名:くりぬき
動作OS:Windows Vista/XP
機種:IBM-PC
種類:シェアウェア:648円
作者: Stamisoi 

お支払い

このソフトは有料ソフトです。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

シェアレジでのお支払い

クレジットカード
くりぬき
価格: 648円(税・手数料込) お支払い手続きへ進む

その他のお支払い


※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ウィンドウ  仮想画面  一部分 


「デスクトップ設定」カテゴリーの人気ランキング

  1. 最前面でポーズ Pauseキーで任意のウィンドウを最前面に表示(ユーザー評価:4.5)
  2. PlainDesktop デスクトップ操作ツール(ユーザー評価:0)
  3. Winrise マウスポインタを画面端に移動すると予め指定しておいたウィンドウを一時的に表示(ユーザー評価:0)
  4. 7+ Taskbar Tweaker Windows 7/8/8.1/10で動作する、タスクバーを微調整するプログラム(ユーザー評価:0)
  5. 絶対領域。 作業領域を設定してウィンドウを最大化しても画面端にスペースを保持する(ユーザー評価:4)

「デスクトップ設定」カテゴリのソフトレビュー

  • 7+ Taskbar Tweaker 5.4 - タスクバーの動作・表示をマスクスリックだけで簡単に“微調整”し、自分好みにカスタマイズできるソフト
  • でかく見たいねん2 2.80 - 最大1200%までの拡大に対応。ちらつき防止にも配慮された、ディスプレイの部分拡大表示ソフト
  • PlainDesktop 5.3 - デスクトップごとに異なる背景を設定でき、切り替えも簡単。幅広いユーザ層に対応する、使いやすい仮想デスクトップソフト
  • Winrise 1.00 - マウスポインタのデスクトップ端への移動で、あらかじめ指定しておいたウィンドウがサッと表示される
  • TidyTabs Personal 1.2.0 - デスクトップを効率よく整理。指定ウィンドウをタブインタフェースにできる“アプリケーショングループ化”ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック