HDL Auto SpecDraw

HDLを解析して回路図表示・階層構造表示・信号追いかけ・レジスタ数計数などが可能なHDL解析ソフト


ソフト詳細説明

HDL Auto SpecDrawは、HDLソースコードを解析して、階層構造を明らかにし、ソースコードをブロック回路図に変換することで、信号の接続関係などを明らかにすることができる、リエンジニアリングに特化したHDL解析ツールです。

製品設計において、その設計思想や技法も含めてドキュメント化し、資産として残すことは当然ですが、信頼できる資産がHDLのソースコードのみという場合が存在します。このような場合、設計者はソースコードの読み解きに多くの時間を消費してしまうことになります。
HDL Auto SpecDrawは、ソースコードの内容を論理的に解析して、レジスタ数を計数し、階層構造を明らかにし、ブロック間の信号接続を回路図で表現します。これにより、設計者はソースコードの読解など面倒な作業に時間を浪費することなく、純粋に、回路動作を追いかけることができるようになります。

利用条件・試用期間中の制限など

キーコードをご購入されていない場合は、以下の制限が存在します:

・同時に解析できるソースファイル数は最大で3です。
・プロジェクトを保存できません。
・印刷が行なえません。

本ソフトウェアのキーコード購入方法について:

・ご使用するPC の"ネットワークアダプタ"に関連付けられた"ID"を、購入時にベクターにご連絡いただく必要があります。IDの取得方法については、弊社サイトを参照ください。
http://www.k-s-g.co.jp/product/HDLAutoSpecDraw/productHDL42.html

動作環境

HDL Auto SpecDrawの対応動作環境
ソフト名:HDL Auto SpecDraw
動作OS:Windows 10/8/7/Vista
機種:IBM-PC x64
種類:シェアウェア:97,200円
作者: (株)ストラテジー 

お支払い

このソフトは有料ソフトです。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

プロレジでのお支払い

クレジットカード コンビニ 電子マネー
HDL Auto SpecDraw
価格: 97,200円(税込) お支払い手続きへ進む

その他のお支払い

銀行振り込みあり
※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

構造  信号  回路図  計数  レジスタ  解析  HDL 


「その他」カテゴリーの人気ランキング

  1. ファイナルパソコンデータ引越し Win10特別版 古いパソコンから新しいパソコンにデータと設定を引越し!(ユーザー評価:3)
  2. Easter USBメモリやHDD、PCMCIA/IEEE1394機器等の「安全な取り外し」を取り消す(ユーザー評価:4.5)
  3. Unhotplug ホットキーでデバイスを安全に取り外し(ユーザー評価:4)
  4. FeliCa IDM表示ツール FeliCaの固有IDMを表示(ユーザー評価:0.5)
  5. TouchSwitch Win8/8.1/Win10 用タッチパネル有効・無効切り替えアプリ(ユーザー評価:4.5)

「その他」カテゴリのソフトレビュー

  • ファイナルパソコンデータ引越し9 plus - 簡単・安全にデータと環境設定を引っ越しできる、パソコン移行ソフトの新バージョン
  • Easter 0.92 - 「安全な取り外し」状態になった機器の接続を簡単に“復活”できるソフト
  • Unhotplug 1.2.3 - ホットプラグ対応デバイスの取り外しをホットキーで行えるユーティリティ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック