VirtualComPort2

仮想シリアルポート(クロス接続)を生成し、シリアル通信ソフト開発を1台のPCで実現可能


ソフト詳細説明

仮想的にクロスケーブルで接続された状態にあるCOMポートを生成するソフトウェアです。
シリアルポート(RS-232C)を持たないPC(小型ノートPCなど)でも、シリアル通信を行うアプリケーション間の通信が行えます。
また、LAN経由にて2台のPC間を仮想的にシリアル接続する機能もあり、アプリケーション側はネットワークを意識することなく離れた場所にあるPCとシリアル通信が行えます。
物理的なCOMポートやケーブルが一切不要で、場所を選ばず、どこでも手軽にRS232C通信の動作確認ができるようになります。

主な機能
・最大仮想COM Port数: 10
・通信状態表示
・擬似エラー発生
・通信内容キャプチャー
・LAN経由での仮想シリアル通信機能

動作環境

VirtualComPort2の対応動作環境
ソフト名:VirtualComPort2
動作OS:Windows Vista/XP/2000
機種:汎用
種類:サンプル版
作者: (株)アイ・シー・エス 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

開発  通信  仮想  シリアル  クロス 


「通信関係」カテゴリーの人気ランキング

  1. SerialDebugger 本格的なシリアル通信試験用ツール フリーソフト(ユーザー評価:4.5)
  2. RS232Cテストツール RS232Cデバッグツール(RS232C接続を行い電文の送受信を行うテストツール)(ユーザー評価:0)
  3. RS-232C Monitor and Analyzer 通信アプリ開発からトラブル対応まで、広範囲に使えるシリアルポート用モニター&アナライザー(ユーザー評価:4.5)
  4. シリアルデバッグツール2 RS232Cの通信デバッグ用ソフト(HEX、DEC、CHARで通信確認ができる!)(ユーザー評価:4.5)
  5. シリアル通信ソフト シリアル通信ターミナルソフト 受信文字=赤、送信文字=青、制御コード表示も可能(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック