地耐力設計計算システムEX版

沈下量の計算、円弧すべりの計算、改良層厚の検討、深層混合処理工法の設計等を行う


ソフト詳細説明

■沈下量の計算
・圧密沈下、残留沈下、即時沈下、側方変位の計算が可能です。
・載荷重は盛土形状または、荷重強度(集中荷重、帯状荷重、台形荷重)が施工段階ごとに入力可能です。
・圧密沈下量はe-logP法、mv法、Cc法による計算が可能です。
・沈下図、時間-沈下図の画面および計算書への出力が可能です。
・建築基礎構造設計指針に記載されている方法による即時沈下量の計算が可能です。
・砂層の圧力-間げき比曲線はB.K.Houghの表より選択可能です。


■円弧すべりによる安定計算
・分割法による円弧すべりの安定計算を行います。
・全応力法、有効応力法の選択が可能です。また、修正フェレニウス法、簡易ビショップ法による計算も可能です。
・圧密による強度増加を考慮することが可能です。
・すべり土塊に対する地震時慣性力を考慮することが可能です。
・テンションクラックを考慮することが可能です。


■直接基礎の許容鉛直支持力の計算
・水平地盤上または斜面上の直接基礎の許容鉛直支持力の計算を行います。
・道路橋示方書の方法/設計要領の方法(斜面上の直接基礎)/建築基礎構造設計指針/土地改良事業設計基準・設計「農道」/土地改良事業設計基準・設計「水路工」/土地改良事業設計基準・設計「ポンプ場」の方法による計算が可能です。
・複数の荷重ケースを同時に照査することが可能です。

■地盤改良層厚の検討
・基礎底面に作用する鉛直力が、許容鉛直支持力度以下となるよう改良層厚をプログラムで自動的に決定することが可能です。
・フローティング方式置き換え基礎での検討も可能です。


■深層混合処理工法の設計(EXシリーズ)
・柱状にセメント系固化材と土を混合することで地盤を改良する深層混合処理工法(柱状改良工法)の設計を行います。
・杭形式(整列)、杭形式(千鳥)、接円形式、壁形式、ブロック形式、長方形ブロック形式に対応。
・改良体の設計基準強度は入力または平均一軸圧縮強さより計算可能です。
・改良地盤の鉛直支持力の検討が可能です。
・改良地盤の常時、中地震時、大地震時における水平支持力の検討(曲げ応力度、せん断応力度に対する検討)が可能です。
・偏土圧による改良地盤の滑動、抜出し、地盤反力の検討が可能です。
・複数の配置形状を同時に計算する事が可能です。

動作環境

地耐力設計計算システムEX版の対応動作環境
ソフト名:地耐力設計計算システムEX版
動作OS:Windows 8/7/Vista/XP その他
機種:IBM-PC
種類:サンプル版
作者: (株)綜合システム 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

設計  検討  改良  混合  円弧  工法  沈下  深層 


「建築・土木」カテゴリーの人気ランキング

  1. 安全書類 全建統一様式 最新データ集 ダウンロード 安全書類 全建統一様式 最新データ集のエクセルデータ(ユーザー評価:0)
  2. 安全用品カタログ丸ごと印刷〜立入禁止!!〜 安全用品カタログの安全標識を現場で印刷(ユーザー評価:0)
  3. シンプルな平均断面法(土量計算書) シンプルな平均断面法_数量計算書_エクセル(ユーザー評価:0)
  4. エクセルでレベル計算 エクセルで簡単なレベル計算する(ユーザー評価:0)
  5. 電子納品のフリーソフト キャルスマネージャ 工事編 電子納品支援ソフトのフリー版 国土交通省の要領・基準(案)や農林水産省の要領(案)等に対応(ユーザー評価:2.5)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック