ExCRC32DLL

ファイルのCRC32を簡単かつ高速に取得するDLL!


ソフト詳細説明

このDLLは主に開発者の方向けのソフトです。
ファイルのパスを指定するだけで、CRC32を簡単かつ高速に取得することができます。
主な特徴は下記の点です。
・WindowsAPIを使用し、できるかぎりシンプルなコードを書くことにより高速性を実現しています。
・CRC計算の進捗状況をイベントとして取得可能!
・OSが対応している場合、4GBまでのファイルのCRC32を取得可能!
・充実したエラー処理。
・CRC計算の途中停止可能。
・簡便さを重視し、公開されるメソッド・プロパティは3つのみ。
・サンプルコードが付いており、簡単に使用可能。

対応OSはWindows・98・Me・NT4.0・2000・XPです。
本DLLの開発言語はVisualBasic6.0です。

動作環境

ExCRC32DLLの対応動作環境
ソフト名:ExCRC32DLL
動作OS:Windows XP/Me/2000/NT/98
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 大崎 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

DLL  CRC 


「各種DLL」カテゴリーの人気ランキング

  1. External IME Controler 別プロセスのIMEをコントロールするDLL(ソースコード込み)(ユーザー評価:0)
  2. VisualBasic用 MP3操作DLL VBMP3 VisualBasic から MpegAudio を操作するライブラリ(ユーザー評価:0)
  3. Footyテキストエディタコントロール 高性能なテキストエディタコントロール(ユーザー評価:0)
  4. ファイル名検索クラス 指定フォルダから指定拡張子のファイル名を検索するクラス(DLL) 子フォルダの検索も可 WinXP対応(ユーザー評価:0)
  5. imgctl.dll BMP/JPEG/PNG/GIF画像の読み書きが可能な、VC++/VB/BC++/Delphi用DLL(ユーザー評価:4)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック