GetLastError Viewer

WIN32APIのエラーコードを入力するとエラーメッセージに変換して表示


ソフト詳細説明

WIN32APIのエラーはGetLastErrorで取得可能ですが数字形式ですのでそのままでは意味不明です。 そんな時このツールを使えば数値を判りやすいエラーメッセージに変換してくれます。

動作環境

GetLastError Viewerの対応動作環境
ソフト名:GetLastError Viewer
動作OS:Windows NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 風間 仁 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

変換  エラーメッセージ  エラーコード  API 


「ツール」カテゴリーの人気ランキング

  1. 解析・構図 ソース・コードを入力する超簡単操作でフローチャートを自動作成(ユーザー評価:0)
  2. Blue Step Counter 独自コメントにも対応したステップカウンタ Visual Studioプロジェクトにも対応(ユーザー評価:4.5)
  3. コメント書うんた C,C++,ASM,Java,SQL,VBのソースファイルのコメントや行数をカウントするツール(ユーザー評価:2)
  4. Step Counter Java、シェル、Perl、C言語対応のステップカウンター(ユーザー評価:0)
  5. MiniSpy Spy++のしょぼいの(ユーザー評価:4.5)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック