WinDiffLauncher

WinDiff.exeのサポートツール UI変更


ソフト詳細説明

このソフトはフリーウェアです。
WinDiffLauncherはWinDiffのUIを使いやすくするために作りました。
インストーラはありませんので、ZIP ファイルを解凍して、適当なフォルダに置いてお使いください。

ZIP ファイルに含まれるファイルは以下の通りです。
Readme.txt
wdl.exe 本体プログラム

【お使いになる前に】
WinDiff.exe のある場所をまず選択してください。
起動時には、カレントフォルダを検索します。
VC をインストールされていない方はWin98CDの中にWinDiff.exe が圧縮されない形で入っていますのでそちらをお使いください。

【注意】
WDL.exeのあるフォルダにWDL.iniというファイルを作成します。
これは起動中の設定を保存するためのファイルです。
このファイルが消された場合は表示位置、履歴など、各種設定が初期化されます。

【機能説明】
・エクスプローラなどからコンボボックスにドロップすることができます。
・過去に指定したフォルダやファイルを4つまで覚えています。
ドロップダウンリストボックスから選択できます。
・「ファイル」ボタンで、ファイルダイアログが開きます。
比較したいファイルを選択してください。
・「フォルダ」ボタンで、フォルダを選択できます。
比較したいフォルダを選択してください。
・クリップボードにパスをコピーするボタンがあります。

動作環境

WinDiffLauncherの対応動作環境
ソフト名:WinDiffLauncher
動作OS:Windows XP/2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: Moon 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

UI  WinDiff 


「ツール」カテゴリーの人気ランキング

  1. 分割ダミー画像生成ツール 動作検証用の分割読み込み用画像を簡単に作成する(ユーザー評価:0)
  2. UML Editor UML図(クラス図、シーケンス図)を作成するためのエディタ(ユーザー評価:0)
  3. ゲーム作成キット 前置きなしにゲームプログラミングが学べるキット(ユーザー評価:4.5)
  4. NameConverter 定数名・変数名・クラス名形式の文字列を相互に形式変換(ユーザー評価:0)
  5. チカンくん 一部のみ異なる規則的な文字列を連続的に作成する(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック