人工衛星軌道シミュレーション k3

軌道要素(Two Line Elements)から周回軌道などをリアルタイムに表示


ソフト詳細説明

人工衛星の軌道要素データ(Two Line Elements)を与えて、その周回軌道や
地球上からの視認・電波受信範囲、ランドマーク(地球上の任意地点)と
周回中の任意衛星から眺めた地球や他衛星などの動きをリアルタイムに表示します。
表示する画面イメージは平面的な世界地図と立体的な3D空間。
【軌道要素】
◆preset TLE
◆complete TLE
◆k5sat TLE
【実行モード】
◆real(実時間)
◆simulation(短縮時間 100ミリ秒/分)<変更可>
【表示・諸元項目】
■グラフィック項目
衛星軌道、視認・電波受信範囲、動径、太陽光の日照境界・陰影、春分点、南(北)中点、
ランドマーク、ランドマークから眺めた衛星、任意衛星から眺めた地球と他衛星
■静的項目、()項目は微小変化を反映
元期、元期[JD]、軌道傾斜角、(昇交点赤経)、(近地点離角)、平均近点離角、
(平均運動)、(軌道周期)、離心率、(長半径)、(短半径)、(半直弦)、
(近点距離)、(遠点距離)
■動的項目
平均近点離角、離心近点離角、位置(x, y, z)、動径、緯度、経度、高度、
速度、飛行経路角、春分点経度、南(北)中点経度・緯度、
日の出・日の入時刻

動作環境

人工衛星軌道シミュレーション k3の対応動作環境
ソフト名:人工衛星軌道シミュレーション k3
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP/Me/2000/NT/98/95
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: あすなろ 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

リアルタイム  軌道  周回  Line  Two  Elements 


「天文・宇宙」カテゴリーの人気ランキング

  1. つるちゃんのプラネタリウム 天文シミュレーションの総合フリーソフト これがフリー?(ユーザー評価:4.5)
  2. つるちゃんの天文カレンダー 天文現象を自動計算 旧暦/月齢カレンダー、太陽と月の出没時刻表付き(ユーザー評価:4)
  3. サン・アースくん 世界中の昼夜の長さ、南中高度等を調べることができ、地軸の傾きを自由に変えることができるフリーソフト(ユーザー評価:4.5)
  4. HippLiner 恒星間航行3Dシミュレータ 太陽系近傍恒星・銀河空間を超光速・相対論的に自由に動き回ることができる(ユーザー評価:3.5)
  5. PreviSat 人工衛星の位置や軌道をリアルタイムに確認できる(ユーザー評価:0)

「科学」カテゴリのソフトレビュー

  • PreviSat 3.1.1.2 - 人工衛星の位置や軌道をリアルタイムで確認できる“衛星追跡ソフト”
  • Celestia 1.6.1 - 時間と空間の移動も可能な、圧倒的に美しい“宇宙旅行”ソフト
  • サン・アースくん 1.89 - 地軸の傾きや離心率を変化させることも可能な天体シミュレーションソフト
  • Facio 11.3.1 - 3D分子モデルの作成や計算結果の可視化などが可能な計算化学統合環境
  • HippLiner 2.7.1 - 恒星間航行3Dシミュレータ 太陽系近傍恒星・銀河空間を超光速・相対論的に自由に動き回ることができる

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック