t検定プログラム

2群について、平均値の有意差を調べる統計解析用プログラム


ソフト詳細説明

各群について、基本統計量(データ数、平均、不偏分散、自由度)を算出し、次に各群の分散の等質性をF検定を用いて調べます。この検定の結果、5%の水準で各群が等質である考えられる場合、t検定によって有意差があるかどうか判定します。逆に等質性が認められない場合、WELCHの検定を用いて有意差判定を行います。

動作環境

t検定プログラムの対応動作環境
ソフト名:t検定プログラム
動作OS:Windows 98
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: りゅうへい 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

統計  平均  解析  有意 


「算数・数学」カテゴリーの人気ランキング

  1. FunctionView 平面・空間の多様なグラフが表示可能、自動実行のマクロ機能,数式からwaveデータを作る機能も搭載(ユーザー評価:4.5)
  2. 数独・くれぷり印刷/テキスト印刷KGAMP 「数独」や「くれぷり」が作れて遊べるテキスト印刷ソフト(ユーザー評価:0)
  3. Math'98 for Windows 幾何学的操作と座標平面上の操作を融合した新しい思考ツール(ユーザー評価:3.5)
  4. Soroban コンピュータ制御のデスクトップそろばん(ユーザー評価:3.5)
  5. グラフマスター 中学校で習う関数について、グラフを利用して理解させようとするプログラム(ユーザー評価:0)

「算数・数学」カテゴリのソフトレビュー

  • Soroban 2.0.0.0 - 計算に合わせて珠が動く、見ていても楽しい“デスクトップそろばん”
  • KGAMP 1.96c - 計算ゲームや数独パズルを作成することも可能なテキスト印刷ソフト
  • FunctionView 5.60c - 多数のデモサンプルが用意され、アニメーション表示も可能な関数グラフ&図形表示ソフト
  • あんざんのれんしゅう 2.7 - 出題速度や問題を出すタイミングをカスタマイズできる暗算学習ソフト
  • Mathematics Analyzer 5.1 - 複雑なグラフ描画や計算を手軽に行える多機能数式処理ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック