StereoPict

奥行が滑らかなランダムドット&カラーフィールド・ステレオグラムを作成


ソフト詳細説明

2種類のステレオグラム、ランダムドット・ステレオグラム(CFS)とカラーフィールド・ステレオグラム(CFS)を簡単に作成できます。
一般的なステレオグラムは、奥行が段々になってしまいますが、StereoPictで作成すると奥行は完全に滑らかになります。

各種パラメータは細かく指定できるので、思い通りのステレオグラムを作ることができます。
例えば、RDSでは点の形はあらかじめ用意されている●、■などの計8種類以外にも「文字」「マスク」「スタンプ」機能によりオリジナルな形を使うことができます。色の指定方法も「ランダム」「パレット」「テクスチャ」の3種類があり、自由な彩色ができます。
CFSでは奥行はもちろん、立体視する前のステレオグラム自身が滑らかできれいなるように工夫しました。

また、すぐに使えるように、ステレオグラムを作るための各種素材、高度な機能を使いこなすためのサンプルも用意してあります。

動作環境

StereoPictの対応動作環境
ソフト名:StereoPict
動作OS:Windows XP/Me/98
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 帽子屋 

ユーザーの評価(2人):4
コメント:1
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!


「グラフィックス関係」カテゴリーの人気ランキング

  1. JpegAnalyzer Plus デジカメ画像のExif情報を詳細に表示する画像ファイル解析ソフト(ユーザー評価:4.5)
  2. Photo3Dmap 3次元画像加工に特化しながら同時に、画像補正・サイズ変更など汎用の画像変換機能を備えたソフト(ユーザー評価:0)
  3. DotMatrix カスタマイズ性の高いデジタル電光掲示板 ホームページデザインにも利用可(ユーザー評価:0)
  4. モンタージュ 似太郎 顔の各種データを元に似顔絵イラストを作成(顔相鑑定付き)(ユーザー評価:3.5)
  5. GING 画像処理ツール(ユーザー評価:0)

「グラフィックス関係」カテゴリのソフトレビュー

  • Alkett MultiView 2.41 - ウィンドウ枠などを非表示にし、画像をのみを表示させることもできる、軽快・多機能な画像ビューア
  • Photo3Dmap 3.0 - 80種類近いプリセットメニューが用意され、簡単な操作で3次元加工を体験できる画像編集ソフト
  • Rapture 2.2.1 - デスクトップ上の情報をサッと画像化して表示。メモ感覚で気軽に使えるスクリーンキャプチャ
  • Free Picture Resizer 1.0.1.2 - 複数の処理を連続実行することも可能な、簡単操作の画像リサイズソフト
  • Photo Pos Pro 1.90.5 - レタッチとシェイプ編集が融合し、多彩な表現が可能な高機能グラフィックエディタ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック