TSMultiByteString

日本語 EUC の2バイト文字について先行バイト/後続バイトを判断するための開発者用ライブラリ(ソース)


ソフト詳細説明

■はじめに
このソフトウェアは、日本語 EUC の2バイト文字について先行バイト/後続バイトを判断するための開発者用ライブラリ(ソース)です。

UNIX で使用します。

■特徴
・Microsoft VisualC++ のマルチバイト文字列関数とインターフェースが同じなので移植が容易です。

動作環境

TSMultiByteStringの対応動作環境
ソフト名:TSMultiByteString
動作OS:UNIX
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 杉山 抗 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

基本料金無料の『みんなの電子署名』

■関連キーワード

開発  ライブラリ  判断  先行  EUC  後続 


「各種ライブラリ」カテゴリーの人気ランキング

  1. Formula Library 変数や括弧付きの数式の計算を手軽にするためのC/C++ライブラリ (ソースのみ)(ユーザー評価:0)
  2. PC-UNIX用GID-ADC制御関数群 GID-ADCをPC-UNIX(Linux,FreeBSD)で制御するための関数群(ユーザー評価:0)
  3. 日本語コードマルチ変換ライブラリー 機能豊富な日本語コード変換 Perlライブラリー(ユーザー評価:0)
  4. bashlib - shorthand library for bash bash シェルをスクリプトとして使うときに、必要となる機能を提供するライブラリ(ユーザー評価:0)
  5. 簡易セキュリティコードライブラリー C言語による、データーの暗号・復号化ライブラリー(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック
基本料金無料の『みんなの電子署名』