でんじ2 Linux 版

FDTD法で電磁界解析を行うプログラム 図形の編集機能と、電界プローブ機能もある


ソフト詳細説明

「でんじ」はFDTD法で電磁界解析を行うプログラムです。解析グリッドは80x80x80で、解析領域の周辺はMur1次の吸収境界を配置しています。
編集ウィンドウで図形情報の編集ができます。編集可能領域は解析グリッド中央の64x64x64です。導電率・比誘電率・比透磁率、または電界ソースが指定できます。また、任意の複数箇所にプローブを配置できます。
解析中の電界・磁界を3D表示するモード、解析図形を3D表示するモード、プローブ波形の時間波形とそのフーリエ変換結果を表示するモードがあります。

動作環境

でんじ2 Linux 版の対応動作環境
ソフト名:でんじ2 Linux 版
動作OS:その他 UNIX
機種:その他
種類:フリーソフト
作者: かっぱv.v.v 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

図形  プローブ  解析  電磁  電界  FDTD 


「技術・工学」カテゴリーの人気ランキング

  1. impest Debian / Xubuntu 版 配線インピーダンス計算ツール(ユーザー評価:0)
  2. impestーRasp 配線インピーダンス計算ツール Raspbian (Raspberry-Pi3) 版(ユーザー評価:0)
  3. でんじ2 Linux 版 FDTD法で電磁界解析を行うプログラム 図形の編集機能と、電界プローブ機能もある(ユーザー評価:0)
  4. わぶメモ(WaveMemo) Linux版 信号の周波数的な特徴を「探す」「検討する」ための支援ソフトウエア(ユーザー評価:0)
  5. Gaussian(ガウシアン)入力ファイルチェッカ Gaussianの入力ファイルをチェック(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック