SFAVirtualScreen

横スクロール型仮想デスクトップソフト


レビュー

SFAVirtualScreen SSクリックで拡大します 動作中の画面。画面上部のスクロールバーでデスクトップの表示領域を動かせる横スクロールで表示エリアを動かせる仮想デスクトップソフト。横方向に最大32,000pixelの仮想デスクトップを作成できる。
「SFAVirtualScreen」は、ポップアップ式のスライダーを使って、画面をスクロールさせることが可能な仮想デスクトップソフト。スクロールバーを動かすのと同じ感覚で、デスクトップの表示位置を自由にスライドさせることができる。起動しても画面上には一見、何の変化もないが、デスクトップ上端にマウスポインタを近づけるとスクロールバーが出現。バーを右ドラッグすることで任意サイズの仮想デスクトップを作成でき、スクロールで画面を動かすことができる。
右ドラッグで仮想エリアの設定を開始すると、スクロールバー上には作成したい領域...

>> 記事全文を読む

動作環境

SFAVirtualScreenの対応動作環境
ソフト名:SFAVirtualScreen
動作OS:Windows 8/7/Vista/XP
機種:IBM-PC x64
種類:フリーソフト(寄付歓迎):1,188円
作者: SFALord 

ユーザーの評価(3人):4.5
コメント:3
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

デスクトップ  横スクロール  仮想 


「デスクトップ設定」カテゴリーの人気ランキング

  1. 最前面でポーズ Pauseキーで任意のウィンドウを最前面に表示(ユーザー評価:4.5)
  2. Winrise マウスポインタを画面端に移動すると予め指定しておいたウィンドウを一時的に表示(ユーザー評価:0)
  3. 7+ Taskbar Tweaker Windows 7/8/8.1/10で動作する、タスクバーを微調整するプログラム(ユーザー評価:0)
  4. PlainDesktop デスクトップ操作ツール(ユーザー評価:0)
  5. 絶対領域。 作業領域を設定してウィンドウを最大化しても画面端にスペースを保持する(ユーザー評価:4)

「デスクトップ設定」カテゴリのソフトレビュー

  • 7+ Taskbar Tweaker 5.4 - タスクバーの動作・表示をマスクスリックだけで簡単に“微調整”し、自分好みにカスタマイズできるソフト
  • でかく見たいねん2 2.80 - 最大1200%までの拡大に対応。ちらつき防止にも配慮された、ディスプレイの部分拡大表示ソフト
  • PlainDesktop 5.3 - デスクトップごとに異なる背景を設定でき、切り替えも簡単。幅広いユーザ層に対応する、使いやすい仮想デスクトップソフト
  • Winrise 1.00 - マウスポインタのデスクトップ端への移動で、あらかじめ指定しておいたウィンドウがサッと表示される
  • TidyTabs Personal 1.2.0 - デスクトップを効率よく整理。指定ウィンドウをタブインタフェースにできる“アプリケーショングループ化”ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック