Load

TSR及びデバイスローダ/アンローダ


ソフト詳細説明

 MS-DOSの常駐プロセスとしてはTSRやデバイスドライバがあります。しかし, 常駐解除の手段を提供していないTSRや, 終了時に割り込みベクタをきちんと書き戻さないプログラムがあります。また, MS-DOS付属の ADDDRV/DELDRV は使い勝手の悪いものです。これらのことは, 複数のアプリケーションを使う際にトラブルの原因になります。そこで, 実行プロセスの常駐解除や割り込みベクタの書き戻しのツールとして, デバイスドライバのより使いやすいローダ/アンローダとして,作成したのが本プログラムです。
 主な特徴
(1)TSR及びデバイスドライバのロード/アンロードができる。
(2)多重実行可。
(3)常駐解除コマンドの指定ができる。
(4)複数の常駐プロセスやデバイスドライバを一括して解除できる。
(5)メモリの分断の原因となるバッチの管理領域を実行時に自動的に移動する。
(6)子プロセスのリターンコードを表示する。

動作環境

Loadの対応動作環境
ソフト名:Load
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: Jugem 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

アン  ローダ 


「メモリ用」カテゴリーの人気ランキング

  1. VEM486 Virtual XMS/EMS/VCPI Memory Server(ユーザー評価:4.5)
  2. RAMBIOS BIOS 強制 RAM 化(ユーザー評価:0)
  3. EMS2XMS 8086でも利用できるXMSドライバ(ユーザー評価:0)
  4. RSWAP Resident SWAP -- 子プロセス起動時に親プロセスをSWAP OUTするTSR(ユーザー評価:0)
  5. ADDBUF EXT_TPA用 バッファ領域拡張(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック