【2023最新】おすすめの白いゲーミングPC6選!選び方やデメリットも調査

*本ページはプロモーションが含まれています

ゲーミングPCは黒を基調としたものが多いですが、最近は白いゲーミングPCの人気が上昇しています。


  • 白いゲーミングPCを購入したいけど、どうやって選べば良いの?
  • ゲーミングPCを白いものにしたい、でも自作は難しそう
  • おすすめの白いゲーミングPCが知りたい!

そんな方は必見です。

本記事では最新のおすすめの白いゲーミングPC6選を、メリット・デメリットとあわせてご紹介します。

目次

白いゲーミングPCのメリットとデメリットは?

今流行りの白いゲーミングPCですが、メリット・デメリットどちらの面も持ち合わせています。

まずどういった点があるのか知ることが重要です。

どのようなものがあるのか、デザイン・コスト・入手のしやすさなどからそれぞれ挙げていきます。

白いゲーミングPCのメリット

白いゲーミングPCはやっぱり見た目がおしゃれでかわいい!

でもメリットはそれだけではありません。

なかにはなるほど!と思うような意外なメリットもあります。

メリット①PCの写真映えが抜群

なんといっても白いデザインはおしゃれで流麗です。

ホワイトパーツで統一されたPCはSNSでも多く見受けられ、魅せる・映えるPCとして活躍します。

メリット②部屋のデザインを損なわない

白いので見た目がすっきりしていてスタイリッシュで、インテリアとして優れています。

清潔感があり、大型ATX特有のゴツさや野暮ったさが消えるので、どのような部屋にもなじみやすいです。

他のデバイスや家電との相性も良いので、置く場所を選びません。

メリット③希少性が高い

ゲーミングPCの多くは黒いケースを採用しているのもがほとんどです。

なので白いゲーミングPCは希少性が高く、差別化を図ることができます。

メリット④ケーブル類やネジ穴が見やすい

白いゲーミングPCのメリットは見た目だけではありません。

全体が白基調なので、ケーブル類やマザーボードを固定するネジ穴が見やすいというメリットもあります。

メンテナンス性の向上も期待できます。

白いゲーミングPCのデメリット

白いゲーミングPCは残念ながらメリットだけではありません。

かわいい見た目や希少性ゆえのデメリットもあります。

購入前にデメリットを知っておけば、購入後の後悔もないはず!?

デメリット①選べる種類が少ない

白いゲーミングPCは市販のものが一般的です。

通常のBTOパソコンのようにBTOメーカーオリジナルのケースということはほとんどありません。

なかには白いケースを単体で販売しているメーカーもありますが、そちらはPCを自作する人向けとなっています。

つまり、BTOメーカーが違ってもケースが同じという場合があり、選べる種類が少ないのです。

デメリット②取り扱っているメーカーも少ない

現状白いゲーミングPCは取り扱いメーカーが少ないです。

その分希少性が高まるのですが、価格が高くなってしまいます。

デメリット③汚れが目立ちやすい

白い服や自動車を想像していただければ分かりやすいですが、白だと汚れが目立ちやすいです。

見た目を白くきれいに保つには定期的な掃除が必要となり手間がかかります。

また、黒いものに比べケースの日焼けにも気をつかいたいところです。

デメリット④BTOパソコンで白くできるのはケースのみ

BTOパソコンの場合、PCケースのみが白であることが多いです。

PCを白で統一したいのであれば、PCを自作するか、ショップに直接依頼する必要があります。

【徹底解説】白いゲーミングPCの選び方とは?

こちらでは白いゲーミングPCの選び方のポイントをご紹介します。

これらを押さえておけば失敗しないという4項目をピックアップしました。

メーカー、サイズ、冷却性能、CPU・メモリの順で挙げていきます。

BTOメーカーから選ぶ

白いゲーミングPCの取り扱いがあるメーカーは少ないですが、ケースを単体で購入していざ自作となると初心者にはハードルが高いものです。

パーツの取り扱いなどを間違えると、大きな損失となってしまいます。

初心者にはBTOメーカーから購入することをおすすめします。

本体の大きさとデザイン

ゲーミングPCのサイズは、フルタワー・ミドルタワー・ミニタワー・スリム型など色々あります。

フルタワー縦  55~65㎝
横  25~30㎝
奥行 55~65㎝
10~25㎏(ケースのみ)・拡張しやすい
・置く場所を選ぶ(机上不可)
ミドルタワー縦  40~55㎝
横  20㎝前後
奥行 40~55㎝
10~12㎏(全体)・低性能から高性能まで幅広く搭載できる
・最も一般的なサイズ
ミニタワー縦  30~40㎝
横  15~20㎝
奥行 30~40㎝
8㎏前後(全体)・拡張性はあまりない
・コンパクトで置き場所を選ばない
スリム縦  30~40㎝
横  10㎝前後
奥行 30~40㎝
7㎏前後(全体)・拡張性はほぼない
・省スペース

性能とサイズのバランスが一番良いのはミドルタワーです。

迷ったらミドルタワーを選ぶのがおすすめです。

冷却性能の高さ

見た目だけでなく、ゲーミングPCでは冷却性の高さも重要なポイントです。

冷却性能が高いゲーミングPCはパーツの熱をより下げてくれるので、長期的にPCを使用するうえで長寿命に繋がる効果もあります。

また、性能やパフォーマンスが安定するメリットもあります。

CPUとメモリの容量

CPUの性能とメモリの容量もゲーミングPCを選ぶうえでは重要です。

この2つの性能が高いほど良いパフォーマンスが期待できます。

どちらかが高すぎても、あるいはどちらかが低すぎても快適な動作は実現できません。

バランスよく選ぶのがベストです。

高性能CPUはゲーミングPCには欠かせない!

ゲーミングPCの要ともいえるグラフィックボード(グラボ)の性能はCPUの性能に影響を受けます。

グラボはあくまで映像を映す部品ですが、それに対してCPUはPCのブレインです。

いくらグラボの性能が良くても、それに命令を出すCPUがそこそこではグラボは本来の実力を出せなくなってしまうのです。

例えば会社で、部下(グラボ)がすごく優秀でも上司(CPU)がポンコツだと部署がうまく機能しないのと同じです。

メモリはCPUの処理速度に直結

メモリはCPUなどが処理するデータを一時的に保存する場所です。

いわば仕事の作業台のようなものです。

作業台は広ければ広いほど作業がしやすいように、PCのメモリも容量が多ければ多いほど処理が速くなります。

白いゲーミングPCを選ぶ際のおすすめメーカー3選!

こちらでは実際に白いゲーミングPCを取り扱っているメーカーを3つご紹介します。

白いゲーミングPCを積極的に展開しているメーカーです。

ぜひ、メーカー選びの参考にしてみてください。

Dell(デル)

〔 画像引用:DELL 〕

まずはアメリカの大手PCメーカーDell(デル)をご紹介します。

DellはゲーミングPCメーカーのALIENWARE(エイリアンウェア)社を2006年に買収し、ALIENWAREブランドで据え置き型のデスクトップPCやノートPCを展開しています。

大手メーカーなので安心のサポート体制です。

Sycom(サイコム)

〔 画像引用:Sycom 〕

Sycom(サイコム)はBTOメーカーには珍しくフルカスタマイズが可能なメーカーです。

カスタマイズの幅も広く、多くのパーツの中から自分の好きなものを選んでカスタマイズできます。

パーツの選択肢が多いのでパーツに関する知識が必要ですが、パーツにもこだわりたい!という方にはぜひおすすめです。

FRONTIER(フロンティア)

〔 画像引用:FRONTIER 〕

最後にご紹介するのは、コスパが高いゲーミングPCを多数販売しているFRONTIER(フロンティア)です。

FRONTIERはセールを頻繁に開催しているので、高性能なゲーミングPCをお得に購入できます。

PC初心者でもわかりやすいと評判のメーカーです。

【編集部が選ぶ】おすすめの白いゲーミングPC6選!

それではおすすめの白いゲーミングPCを6つご紹介します!

今回はデスクトップPC5つとノートPC1つを厳選して挙げています。

白いゲーミングPC選びの参考にしてみてください。

白いゲーミングデスクトップPCのおすすめは?

性能面を追及するなら、断然デスクトップPCをおすすめします!

ノートと比べ、デスクトップは拡張性が高く高性能です。

据え置きでの使用を前提としているため大きさ・重さの制限がなく、よりスペックを求める方にはデスクトップがおすすめです。

こちらでは厳選した5つをご紹介します。

G-Master Velox II Intel Edition(サイコム)

〔画像引用:Sycom 〕

CPUIntel Core i5-13400F
メモリDDR4-3200 16GB(8GBx2)
GPUGeForce RTX™ 4060
ストレージNVME SSD 500GB
外形寸法幅215×奥行473.5×高さ454mm
OSWindows 10 Home
価格185,370円(税込)
特徴・Sycomで人気No.1のゲーミングPC
・カスタマイズが限定的で初心者でも購入しやすい
・LEDストリップ搭載で光るPCにもできる
公式サイトサイコム

サイコムのG-Master Velox II Intel Editionは洗練されたデザイン、高い機能とメンテナンス性などで、サイコムのラインナップのなかで特に注目のPCです。

価格も20万円を切っており、他のPCより費用を抑えられます。

またサイコムはサポート体制も充実しているので、はじめてのゲーミングPCとしておすすめの1台です。

GAMEMAN ALBA(PCショップASP)

〔 画像引用:PCショップASP 〕

CPUAMD Ryzen7 5800X 3.8GHz
メモリDDR4 16GB (8GB×2)
GPUGeForce RTX™3080
ストレージNVME SSD 1TB
外形寸法幅215×奥行461×高さ456mm
OSWindows 10 Home
価格506,000円
特徴・サイドガラスで内部白基調のパーツがクリアに見える
・高級感のあるマットな質感でおしゃれな外見
・ほとんどのゲームを快適にプレイできるスペック搭載
公式サイトPCショップASP

GAMEMAN ALBAは内部のケースだけでなくパーツも白基調のデザインで統一されており、雰囲気を損なうケーブルは背面に回して見えないよう工夫されています。

ほかのPCよりも値段は高くなりますが、見た目も性能も満足できること間違いなしです。

OSがWindows 10になるため、今後を見据えてWindows 11を探している人は選択肢から外れるかもしれません。

全体的に白く統一されたデザインのなかに黒い部分がアクセントとしてあり、よりホワイト感が強調されたおしゃれなデザインも特徴です。

ZEFT Z34Q(セブン)

〔 画像引用:セブン 〕

CPUIntel Core i5-13600KF
メモリDDR5-4800 16GB
GPUGeForce RTX™ 3060
ストレージNVME SSD 1TB
外形寸法幅251×奥行545×高さ552mm
OSWindows 11 Home
価格274,780円
特徴・本体上部にハンドルが2つ付いているので持ち運びしやすい
・CPU性能がかなり高め
・ゲーム配信や動画編集にも向いている構成
公式サイトセブン

ZEFT Z34Qはシンプルでスタイリッシュなデザインで素材も良質なものが使われているので、人気の高いゲーミングPCです。

比較的高性能なパーツで組まれているため、ゲームも問題なくプレイできます。

PCケースにはASUS社の「TUF Gaming GT501」が使われており、PCの冷却性能も高いです。

セブンはカスタマイズの選択肢も多いうえ、ほぼすべてのパーツの画像や仕様、解説があるのでユーザーに親切なBTOメーカーです。

FRGLB760W/WS1(フロンティア)

〔 画像引用:フロンティア 〕

CPUIntel Core i7-13700F
メモリDDR4-3200 32GB
GPUGeForce RTX™ 4070
ストレージNVME SSD 1TB
外形寸法幅200×奥行470×高さ465mm
OSWindows 11 Home
価格254,800円(税込)
特徴・WQHD高フレームレート環境でのゲームプレイが可能
・最新CPUで高性能
・高いデザイン性と優れたエアフロー
公式サイトフロンティア

FRGLB760W/WS1はRTX 4070とCore i7 13700Fを組み合わせた最新ハイクラス構成となっているゲーミングPCです。

高性能なパーツで構成されながらも、お手頃な価格設定から手を出しやすいのではないでしょうか。

メインメモリが多く、特にフレームレートでのゲームは安定したプレイができます。

G-Tune DG-I5G60(マウスコンピューター)

〔 画像引用:マウスコンピュータ 〕

CPUIntel Core  i5-13400F
メモリDDR5 16GB
GPUGeForce RTX™ 4060
ストレージNVME SSD 1TB
外形寸法幅189×奥行390×高さ396mm
OSWindows 11 Home
価格206,800円(税込)
特徴・ゲームから動画編集、実況配信までマルチに対応
・ガラスパネル標準装備でおしゃれな外見
・フルHD高画質フレームレートは安定的に狙え、WQHDゲーミングも可能
公式サイトマウスコンピュータ

G-Tune DG-I5G60はコスパの良さが特徴のゲーミングPCです。

性能がほどよく高いので、しっかりとゲームを遊びたい、写真・動画編集、実況配信なども楽しめるミドルユーザーにおすすめの1台。

Alienware AURORA R15(デル)

〔 画像引用:DELL 〕

CPUIntel Core  i5-13700KF
メモリDDR5-4400 16GB
GPUGeForce RTX™ 4070
ストレージNVME SSD 1TB
外形寸法幅225×奥行510×高さ529mm
OSWindows 11 Home
価格297,980円(税込)
特徴・近未来的でオブジェのようなデザイン
・高性能で高いパフォーマンスを発揮
・独自の水冷システムによる優れた冷却性能
公式サイトデル

Alienware AURORA R15はSFチックでおしゃれなデザインでほかのゲーミングPCとは一線を画している1台。

Dellの専用ソフト「Alienware Command Center」を使用すれば、オーバークロックやRGBライティングなどを全て設定することができ、ゲームプレイヤーが求める機能を1つのソフトだけで制御できます。

白いゲーミングノートPCのおすすめは?

場所を選ばず持ち運びができるノートPCは、デスクトップよりも断然低電力消費です。

好きな場所でいつでもどこでもゲームをプレイしたい!という人におすすめです。

ROG Zephyrus G14 GA402RJ(ASUS)

〔 画像引用:ASUS 〕

CPUAMD Ryzen7 6800HS
メモリ16GB DDR5 4800 8GB×2
GPUAMD Radeon RX6700S 8G
ストレージSSD512GB
ディスプレイフルHD 240Hz
OSWindows 11 Home
価格259,800円
特徴・広い放熱面積を確保できるベイパーチャンバー搭載で効率よく放熱
・持ち運びしやすいスリムな大きさと重量
・AMD製のCPUとGPUでパフォーマンスも安定
公式サイトASUS Store(エイスース ストア) – ROG Zephyrus G14 GA402RJ (GA402RJ-R76RX6700SW)

ROG Zephyrus G14 GA402RJは小型モデルながら240Hzの高速リフレッシュレートでゲームを楽しむことができます。

天板デザインもおしゃれで、プリズム状のフィルムの上に小さな穴が多数空いたものがのっており、光があたると美しく反射します。

白いゲーミングPCを選ぶ時によくある質問

ここまで白いゲーミングPCと取扱いメーカーについてご紹介してきました。

流通数は黒いものに比べると少ないですが、メーカーを限定しなければ意外と選択肢はあります。

こちらでは白いゲーミングPCを選ぶときによくある質問と答えを4つご紹介します!

ドスパラ(ガレリア)に白いゲーミングPCはある?

ドスパラのガレリアシリーズには白いモデルはありません。

ドスパラは自社のオリジナルケースを採用しているため、型番が異なる製品でも同じケースを流用しているパターンが多いです。

ガレリアと白いケースを単体で購入し、自分で白いケースに変えれば白いガレリアは作れますが、知識と自作のスキルは必要になります。

白いゲーミングPCを光らせるにはどうすれば良い?

ゲームへの投入感をより高めたいので、光るゲーミングPCでゲーミング空間をデザインしたい!という方も多いです。

ゲーミングPCを光らせるには、サイドパネルがアクリルもしくはガラス素材のものを選ぶと可能になります。

理由は中身が見えるから。

ケース内部に光るファンやメモリを取り付けることで光るPCを作ることができます。

ただ、自分でパーツの交換が必要になるので、初心者の方はサイコムのG-Master Velox II Intel Editionのようなあらかじめ光るデザインのタイプがおすすめです。

白いゲーミングPCはこまめな手入れが必要?

白いPCケースは紫外線による日焼けや黒っぽい汚れ、たばこのヤニ汚れの黄ばみが目立ちやすくなります。

そのため、汚れに注意が必要でこまめなお手入れが必要です。

白いPCケースのきれいな見た目を維持するために、汚れを見つけたらすぐに拭き取りましょう。

白いゲーミングPCの汚れを落とすには?

日常的なお手入れは、ほこりを落とす程度で問題ありません。

汚れが付着してしまったときもマイクロファイバーなどで乾拭きすると汚れが落ちます。

しつこい汚れには無水エタノールを染み込ませた布で拭いてあげます。

しかし日焼けやヤニなどの黄ばみ汚れには一度完全にPCを分解してケアする必要があります。

まずはケースの黄ばんだ部分を10w/v%程度の過酸化水素水に浸し、数日間日光の当たる場所で漬けておきます。

しばらく経つと脱色されて元の色に戻るので、ケースを完全に乾燥させてから再度組み立てます。

その間PC内部のパーツやマザーボードを傷つけないよう注意して保管しておく必要があります。

すべて白で統一されたゲーミングPCはある?

メーカー製のゲーミングPCはファンやグラボまで白で統一されているものは少ないです。

中身まで完全に白で統一したい場合は、ゲーミングPCを自作するのがおすすめです。

しかし自作にはある程度の知識やスキルが必要になるので、初心者の方はメーカー製のケースの白いゲーミングPCを購入しましょう。

さまざまなメーカー製品から自分に合う白いゲーミングPCを見つけよう!

本記事では白いゲーミングPCの取り扱いメーカーや白いモデルのゲーミングPC、選ぶ際のメリットデメリットなどをご紹介してきました。

メーカー製の白いゲーミングPCは、他の色モデルに比べまだ展開が少ないですが、人気の高まりとともに増加傾向にあります。

現在販売されている製品にも安価なものからハイスペックで高価なものまであり、意外と選択肢は豊富です。

比較検討しながら、ぜひ自分に合った白いゲーミングPCを探してみてください!